So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

シラカシの実 [とくに種や実など]

161117kashinomi02.jpg
 シラカシの実がたわわに実っていました。ブナ科コナラ属の常緑高木のシラカシは、
同じ仲間のアカガシに比べ、材の段階で白いところから その名があるそうです。

161117kashinomi01.jpg
 シラカシは5月が花期で、それから突貫工事でこうした実を用意します。アカガシの
場合は翌年までかかるということで、この点にも違いがあると手元の図鑑の解説にあり
ました。
 おやおや、ポトリと一足先に旅立った兄弟がいたようで、ずっと身を守ってくれてい
たお皿の形の お座布団が目につきます。このお皿を殻斗(かくと)というそうです
(っていうか、この言葉知らず、また読めもせず、今回勉強しました)。

撮影:2016.11.17 身延町下部・森林浴の森にて)

マミジロツメナガセキレイ [鳥やけもの]

161120mamijirotsumenagasekirei_080317_01.jpg
 画像ストックから2008年3月17日撮影のセキレイの仲間の野鳥をアップします。
撮影したばかりの時点では、鳥の名前を特定することができなかったためか、その
ままになっていたものです。
 鳥の名前は、マミジロツメナガセキレイ。今日、偶然なきっかけから その名前
が判明したのです。マミジロとは目の上の眉斑が白い、という意味で、ツメナガと
いうようにこの写真で見てもずいぶん爪が長いのがその特徴のようです。

161120mamijirotsumenagasekirei_080317_02.jpg
 何点か撮影カットが残っていますが、どれももう一つシャープではありませんで
したが、雰囲気だけは伝わっているのでは、と思っています。
 この鳥は、当地のような場所では、冬鳥で、10月頃飛来して、翌春、4月頃にまた
北に帰って行くもののようです。この冬また見られるか注意してみたいですね。

(撮影:2008.3.17 甲府市平瀬町にて)

ニンジン畑で見たキアゲハの産卵 [蝶などの虫のなかま]

160829kiageha01.jpg
 昨日のニンジン畑に、今日も出かけました。そしたらどうでしょう。
今日は幼虫が主役ではなく、成虫が舞い来たったのでありました。
 おおかた、卵を産みにでも来たのかなと思ってみていると、ホバリング状態で、
とまったのかな、と思われた瞬間がありました。そのとき、シャッターを切って
得られた画像を後で、PCにとりこんでからチェックすると、やはり、ニンジンの葉に
産卵をしているところだったのです。おなかをくの字に曲げながら・・・。

撮影:2016.8.29 甲府市下向山町・米倉山山頂部にて)

ニンジン畑で見たキアゲハの幼虫 [蝶などの虫のなかま]

160828kiageha01.jpg
 わが家のニンジン畑を見に行くと、やはりいました。
もうすぐ蛹になるのでは、というくらいまで成長したキアゲハの幼虫です。
ムシャムシャと音が聞こえるような気がするほど、いっしんに
ニンジンの葉をむさぼっていました。

撮影:2016.8.28 甲府市下向山町・米倉山山頂部にて)

咲いた咲いたチューリップ・ツリーの花が・・・ [草や木そして花]

160508yurinoki01.jpg
 新緑が萌える木立のそこここに、チューリップの花が咲きそろいました。
あっ、正しくは、ユリノキの花です。
甲府市を南北に貫流する荒川のほとり、沼川公園でのスケッチです。

撮影:2016.5.8 甲府市国母3丁目・荒川右岸にて)

マルメロの花 [草や木そして花]

160503marumero01.jpg
 ほとんど白い花、マルメロの花です。
 マルメロについては、以前(2007年7月6日)に、その若い実を観察した記事を
このブログ内に残しておりましたが、それは県立博物館の構内に植栽されていた
1本の木についてでした。
 そのマルメロの木が、わが領地にもあることは気づいていましたが、
じっくり観察する機会がないまま時間が経過・・・。
このほど、目をかけたときには、もう花は盛りを過ぎて、終わりの時期に
なっていました。
 このまま結実してくれるのかな、そしたら・・・。

撮影:2016.5.3 甲府市下向山町・米倉山にて)

ツツジの花にいたミツバチ [蝶などの虫のなかま]

160505tsutsuji01.jpg
 こどもの日の午後、甲府市内の芸術の森公園にいきました。
ツツジがきれいに咲いているのに目がとまり、一枚撮影しました。
というか、撮影をしようとした動機は、別にありました。それは・・・、

160505mitsubachi01.jpg
 ツツジの花に潜り込んで、蜜を集めているミツバチの姿でした。

(撮影:2016.5.5 甲府市貢川1丁目・芸術の森公園にて)

ネギの花にいた子ども [季節の話題]

160501negi01.jpg
 ネギにとうがたって「ねぎ坊主」が育ち、皮がやぶれて
もはや集散花序といったようすを観察していると、そこに予期せぬものが・・・。
どうやらキリギリスの仲間のお子さまでありました。

 この記事のカテゴリ分類に少々迷いました。「花」か「虫」でいくか・・・。
で、結局のところ、どっちつかずの「季節の話題」です。
よく晴れて、新緑さわやかな「こどもの日」に・・・。

撮影:2016.5.1 甲府市下向山町・米倉山にて)

シラカバの若葉 [草や木そして花]

160430shirakaba01.jpg
 シラカバの新緑が目にあざやかにとびこんできました。
とりあえず緑に注目したのですが、あわせて花も楽しめますね。
長く垂れ下がっているのが雄花の花穂で、葉の向こう側にピョンと
細めに立っているのが雌花の花穂です。

 「みどりの日」にシラカバの新緑を添えました。

撮影:2016.4.30 山中湖村平野・大平山南麓にて)

フデリンドウの花 [草や木そして花]

160430fuderindo01.jpg
 富士五湖の1つ、山中湖の北側に、標高1295.4mの大平山があり
湖畔から山に続く登山道の脇に、フデリンドウの花が見られました。
ちっちゃな花なので、そのつもりで見ないと見過ごしてしまいます。
山に登ることが課題で、花の観察に比重がなかったので、ササッと
撮影したものでした。

(撮影:2016.4.30 山中湖村平野・大平山登山道にて)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。