So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アイノコセンダングサ(?)の花 [草や木そして花]

170916sendangusa01.jpg
 筒状花のみのコセンダングサだと思っていましたが、よく見ると小さな舌状花が
いくつかあるように見られます。
 このため、筒状花が広がるコシロノセンダングサと筒状花だけのコセンダングサ
と中間的な存在のアイノコセンダングサなんだろうかと思った次第です。こういう
のは難しいですね。

撮影:2017.9.16 甲府市下向山町・米倉山山頂部にて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

畑で見た花、オクラの花 [草や木そして花]

170916okura01.jpg
 畑に咲く花、大輪できれい。オクラの花でした。

撮影:2017.9.16 甲府市下向山町・米倉山山頂部にて)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハゼランの花 [草や木そして花]

170915hazeran01.jpg
 かわいいピンクの花、ハゼランの花です。咲く前のつぼみは、とても小さく、午後にパッ
と名前のとおり爆ぜるように咲きます。

170915hazeran02.jpg
 背景にドクダミなどが茂っていて、読み取りにくい写真になりましたが、草全体の状況で
す。名前に「ラン」が付きますが、ランの仲間ではなく、スベリヒユ科の熱帯アメリカ原産
の帰化植物だということです。

撮影:2017.9.15 身延町上ノ平・湯之奥金山博物館にて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラスノゴマの花 [草や木そして花]

170916karasunogoma01.jpg
 道ばたに咲く黄色の花を見つけました。その段階では、名前は知らずにいました。

170916karasunogoma02.jpg
 この花は、枝の下に、下向きに咲くのが特徴のようなでの、「下向きに咲く黄色い花」で
検索してみました。

170916karasunogoma03.jpg
 で、判明しました。カラスノゴマです。シナノキ科の一年草で、道ばたや草地にあって、
秋に下向きの黄色の花をつけるものだということです。花期は8~9月。

撮影:2017.9.16 甲府市下向山町にて)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9月中旬のツユクサ [草や木そして花]

170915tsuyukusa01.jpg
 ツユクサと聞くと、6~7月の梅雨の時期の花と思ってしまいますが、その花期は6~
10月と手元の図鑑の解説にありました。ということは、まだまだ咲き続けると言うこと
ですね。
 折から秋雨の候、加えて大型の台風が接近中で、天気があまりよくない中で、いい感
じでありました。

170915tsuyukusa02.jpg
 グッと近づいて見ますと、何とも不思議な花のつくりをしていることに気付きます。

撮影:2017.9.15 身延町上ノ平にて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポールの先のナツアカネ [蝶などの虫のなかま]

170915natsuakane02.jpg
 赤とんぼが竿(ポール)の先にとまっていました。

170915natsuakane01a.jpg
 どうやらナツアカネで、メスの個体のようです。

撮影:2017.9.15 身延町上ノ平・リバーサイドパークにて)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミズヒキ、咲いた・・・ [草や木そして花]

170913mizuhiki01.jpg
 日の当たらない、しかしそこそこ明るい林地の縁で、ミズヒキが咲いているのを見まし
た。秋ですね。

撮影:2017.9.13 身延町上ノ平・湯之奥金山博物館前庭脇で)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

晩夏のセミ、ツクツクボウシ [蝶などの虫のなかま]

170913tsukutsukuboushi01.jpg
 ツクツクボウシです。おなかを絞るように振るわせて鳴いていました。ゆく夏を惜しむかのように。

撮影:2017.9.13 身延町上ノ平・下部リバーサイドパークにて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シラカシの実 [とくに種や実など]

161117kashinomi02.jpg
 シラカシの実がたわわに実っていました。ブナ科コナラ属の常緑高木のシラカシは、
同じ仲間のアカガシに比べ、材の段階で白いところから その名があるそうです。

161117kashinomi01.jpg
 シラカシは5月が花期で、それから突貫工事でこうした実を用意します。アカガシの
場合は翌年までかかるということで、この点にも違いがあると手元の図鑑の解説にあり
ました。
 おやおや、ポトリと一足先に旅立った兄弟がいたようで、ずっと身を守ってくれてい
たお皿の形の お座布団が目につきます。このお皿を殻斗(かくと)というそうです
(っていうか、この言葉知らず、また読めもせず、今回勉強しました)。

撮影:2016.11.17 身延町下部・森林浴の森にて)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マミジロツメナガセキレイ [鳥やけもの]

161120mamijirotsumenagasekirei_080317_01.jpg
 画像ストックから2008年3月17日撮影のセキレイの仲間の野鳥をアップします。
撮影したばかりの時点では、鳥の名前を特定することができなかったためか、その
ままになっていたものです。
 鳥の名前は、マミジロツメナガセキレイ。今日、偶然なきっかけから その名前
が判明したのです。マミジロとは目の上の眉斑が白い、という意味で、ツメナガと
いうようにこの写真で見てもずいぶん爪が長いのがその特徴のようです。

161120mamijirotsumenagasekirei_080317_02.jpg
 何点か撮影カットが残っていますが、どれももう一つシャープではありませんで
したが、雰囲気だけは伝わっているのでは、と思っています。
 この鳥は、当地のような場所では、冬鳥で、10月頃飛来して、翌春、4月頃にまた
北に帰って行くもののようです。この冬また見られるか注意してみたいですね。

(撮影:2008.3.17 甲府市平瀬町にて)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -