So-net無料ブログ作成
草や木そして花 ブログトップ
前の10件 | -

タンポポの花と・・・ [草や木そして花]

171115tanpopo01.jpg
 11月の中旬に咲くタンポポの花です。葉は地面に這い、花茎もたいへん短く、もうすっ
かり冬支度になっていました。
 撮影時には、気付かなかったのですが、花の近くにもう1つの話題が見られました。
それは・・・

171115tanpopo02.jpg
 タンポポの花の周りでホバリングして、ようすをうかがっていたようですが、ハナアブ
の一種、何でしょうか。おそらく、キベリヒラタアブではないかと思われます。

 この写真、お手軽な、手元で一番小さく軽いのでしたので、もともとキチッと撮影する
ことは期待していなかったので、主役のタンポポの花の近辺のハナアブもしっかりとらえ
るには無理がありましたが、でも意図せずに、こうしたのが採れたこと、シャッターを切っ
てみるもんだな、という感じでした。

(撮影:2017.11.15 甲府市下向山町・米倉山にて)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イヌタデの群落 [草や木そして花]

171030inutade.jpg
 一面、アカマンマでした。

(撮影:2017.10.30 甲府市下向山町にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10月のサクラ [草や木そして花]

171027sakura01.jpg
 10月になると花を咲かせるサクラがあります。十月桜と呼ばれるものと思われます。
うすいピンクで、八重咲きになるのが一般的なようです。四季桜と呼ばれる品種もある
そうですが、詳細な同定は難しいところがあります。
 ともあれ、清楚な時ならぬサクラ、逆光で余計に清らかな感じで撮れました。

(撮影:2017.10.27 身延町上ノ平・下部リバーサイドパークにて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

季節外れのアジサイの花 [草や木そして花]

171015ajisai01.jpg
 このところの天候が、アジサイが咲く時期と似ているということなのかな。

(撮影:2017.10.15 身延町上之平・下部川リバーサイドパークにて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユウガギクの花 [草や木そして花]

171015yuugagiku01.jpg
 雨に濡れたユウガギクの花を見ました。白くほっそりした舌状花は、まばらにつき
ますが、それ泥はねがあって、ちょっと悲しい状況でした。

171015yuugagiku01a.jpg
 筒状花も外側から少しずつ咲いているようですが、はじめの写真から切り出したも
ので、細部はうまくとらえきれませんでした。

(撮影:2017.10.15 身延町上之平・湯之奥金山博物館敷地にて)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ど根性の次は「季節外れの・・・」 [草や木そして花]

171013sumire01.jpg
 明きの冷たい雨にぬれた花の存在に気付き撮影したものですが、なんとスミレ、たぶん
タチツボスミレの花でした。前回の話題は「ど根性スミレ・・・」だったのですが、今回
は「季節外れのスミレの花」ということになりました。これまたビックリですね。

(撮影:2017.10.13 身延町上之平・湯之奥金山博物館敷地にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ど根性スミレの観察 [草や木そして花]

171009sumire01.jpg
 古刹の参道石段の脇の石垣に、ほとんど土壌もないような環境にもめげず、
ど根性で世界を維持しているスミレ、たぶんタチツボスミレを見ました。と
ても生命力があるようすにちょっと感激です。

171009sumire02.jpg
 細かく見ると、実が熟して3裂した鞘から種子が散ってしまっているよう
すも見られましたので、カテゴリを「とくに種や実など」にしようかとも思っ
たのですが、「花」の方にしました。
 画面左手寄りに白っぽいものが見られますが、これはスミレなどによく見
られる閉鎖花なんで、あえて花の話題としたわけです。この閉鎖花も、ある
意味で生命力のたまものといえるように思われました。

(撮影:2017.10.9 甲州市大和町・栖雲寺境内にて) 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イヌシデの実 [草や木そして花]

171007inushide01.jpg
 山梨県立考古博物館の玄関前広場への入り口部に、イヌシデの木が植栽されて
います。それに実が付いていて、次第に成熟しているようすが見られました。こ
の10月頃が、その実の熟す時期だと手元の図鑑にありました。ブラリとぶら下がっ
た状態ですが、まだ葉の色とあまり区別がつかないので、注意しないと見過ごし
てしまいそうです。
 ちなみに、このイヌシデの木は、カバノキ科クマシデ属の落葉樹ですが、この
仲間のうち、クマシデについて2つの過去記事があります。1つは「クマシデの
花」
で、2つめは「クマシデの若い実」でした。参考までに・・・。

(撮影:2017.10.7 甲府市下曽根町・県立考古博物館にて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマラッキョウの花 [草や木そして花]

170929yamarakkyo01.jpg
 甘利山に咲くヤマラッキョウの花です。少し寂しげでした。

(撮影:2017.9.29 韮崎市・甘利山にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

甘利山のキンミズヒキ [草や木そして花]

170930kinmizuhiki01.jpg
 9月の終わりに行った甘利山で、今年の秋は花が少ないのかな、と感じました。
それでも、わずかではありましたが登山道沿いに、こうした花を見ることができ
ました。キンミズヒキの花です。

170930kinmizuhiki02.jpg
 しばらくの間に、小さな虫たちが入れ替わりで、たくさん来ていました。

(撮影:2017.9.29 韮崎市・甘利山にて)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 草や木そして花 ブログトップ