So-net無料ブログ作成
草や木そして花 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ど根性スミレの観察 [草や木そして花]

171009sumire01.jpg
 古刹の参道石段の脇の石垣に、ほとんど土壌もないような環境にもめげず、
ど根性で世界を維持しているスミレ、たぶんタチツボスミレを見ました。と
ても生命力があるようすにちょっと感激です。

171009sumire02.jpg
 細かく見ると、実が熟して3裂した鞘から種子が散ってしまっているよう
すも見られましたので、カテゴリを「とくに種や実など」にしようかとも思っ
たのですが、「花」の方にしました。
 画面左手寄りに白っぽいものが見られますが、これはスミレなどによく見
られる閉鎖花なんで、あえて花の話題としたわけです。この閉鎖花も、ある
意味で生命力のたまものといえるように思われました。

(撮影:2017.10.9 甲州市大和町・栖雲寺境内にて) 

nice!(0)  コメント(0) 

イヌシデの実 [草や木そして花]

171007inushide01.jpg
 山梨県立考古博物館の玄関前広場への入り口部に、イヌシデの木が植栽されて
います。それに実が付いていて、次第に成熟しているようすが見られました。こ
の10月頃が、その実の熟す時期だと手元の図鑑にありました。ブラリとぶら下がっ
た状態ですが、まだ葉の色とあまり区別がつかないので、注意しないと見過ごし
てしまいそうです。
 ちなみに、このイヌシデの木は、カバノキ科クマシデ属の落葉樹ですが、この
仲間のうち、クマシデについて2つの過去記事があります。1つは「クマシデの
花」
で、2つめは「クマシデの若い実」でした。参考までに・・・。

(撮影:2017.10.7 甲府市下曽根町・県立考古博物館にて)

nice!(1)  コメント(0) 

ヤマラッキョウの花 [草や木そして花]

170929yamarakkyo01.jpg
 甘利山に咲くヤマラッキョウの花です。少し寂しげでした。

(撮影:2017.9.29 韮崎市・甘利山にて)

nice!(0)  コメント(0) 

甘利山のキンミズヒキ [草や木そして花]

170930kinmizuhiki01.jpg
 9月の終わりに行った甘利山で、今年の秋は花が少ないのかな、と感じました。
それでも、わずかではありましたが登山道沿いに、こうした花を見ることができ
ました。キンミズヒキの花です。

170930kinmizuhiki02.jpg
 しばらくの間に、小さな虫たちが入れ替わりで、たくさん来ていました。

(撮影:2017.9.29 韮崎市・甘利山にて)

nice!(0)  コメント(0) 

トリカブトの花 [草や木そして花]

170929torikabuto01.jpg
 甘利山(韮崎市)で見た、トリカブトの花です。

170929torikabuto02.jpg
 甘利山山頂部ではなく、駐車場から少し上がった三等三角点、1671mの周辺で、多く
見られたのでした。

(撮影:2017.9.29 韮崎市・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(0) 

カタバミの花 [草や木そして花]

170926katabami01.jpg
 カタバミの花が咲いていました。太陽の方向に顔を向けているように・・・。

(撮影:2017.9.26 甲府市下向山町・米倉山山頂部にて)

nice!(0)  コメント(0) 

キンモクセイの花 [草や木そして花]

170926kinmokusei01.jpg
 香りに誘われてキンモクセイの花に近づき、撮影してみました。逆光でしたが、かえって
透明感のあるキンモクセイの花の写真が撮れました。香りも撮れるといいのにな。

(撮影:2017.9.26 甲府市下向山町・自宅庭にて)
nice!(2)  コメント(0) 

ゲンノショウコの花 [草や木そして花]

170919gennoshoko01a.jpg
 これも「お山の神さん」へのお参り登山道で見たもので、ゲンノショウコです。

170919gennoshoko02.jpg
 威厳を感じさせるお名前とは違った、やさしい雰囲気で咲いていました。

(撮影:2017.9.19 中央市大鳥居・山の神社参道にて)

nice!(0)  コメント(0) 

キンミズヒキの花 [草や木そして花]

170919kinmizuhiki01.jpg
 黄金色の花をつけたキンミズヒキです。山道にそっと咲いていました。

170919kinmizuhiki02.jpg
 このキンミズヒキは、バラ科キンミズヒキ属の多年草で、名前にミズヒキがつきますが、
ミズヒキはタデ科なのでまったく別な存在で、花穂の長いことでミズヒキを連想させたよう
です。キンミズヒキの実は、熟すと ひっつき虫になります。

(撮影:2017.9.19 中央市大鳥居・山の神社参道にて)
nice!(0)  コメント(0) 

シロバナハナタデの花 [草や木そして花]

170919shirobanahanatade01.jpg
 タデ科イヌタデ属のハナタデは、薄いピンクの小さな花を咲かせますが、これはその
白花種だと思われます。つまりシロバナハナタデ。

170919shirobanahanatade02.jpg
 前回のミズヒキと同じような環境に見られました。

(撮影:2017.9.19 中央市大鳥居・山の神社参道にて)

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 草や木そして花 ブログトップ