So-net無料ブログ作成
蝶などの虫のなかま ブログトップ
前の10件 | -

ツマグロヒョウモンも見られました [蝶などの虫のなかま]

171128tsumgurohyoumon01.jpg
 前回のアキアカネもですが、ツマグロヒョウモンも見られました。ちょっと距離が
あったりして、鮮明な写真ではないですが、雄のツマグロヒョウモンでした。
 そういえば、この付近で先日も見ましたね、ツマグロヒョウモン。その時は雌の個体
でしたが・・・。

(撮影:2017.11.28 甲府市下向山町・米倉山にて)
nice!(0)  コメント(0) 

まだアキアカネが・・・ [蝶などの虫のなかま]

171128akiakane01.jpg
 11月も間もなく終わりという時期なのですが、ぽかぽかの小春日和・・・となりました。
11月9日の記事とまったく同じ状況でありましたが、路面に流れた水に対し、雌雄のアキ
アカネが、繋がって棒打ちを始めたのでした。まだどこかに寒さを除けてアキアカネが命
をつないでいたので、ちょっと驚きでした。

(撮影:2017.11.28 甲府市下向山町・米倉山にて)
nice!(0)  コメント(0) 

まだ見られたチョウは、 [蝶などの虫のなかま]

171125tsumgurohyoumon01.jpg
 11月下旬というのに、ちょっと気温が上がると、それまでどこに潜んでいたのか、
こうしたチョウが活動するのには、驚きを感じます。
 どうやらツマグロヒョウモンの雌で、花茎の丈が地表すれすれに咲いているタンポ
ポの花にとまり、吸蜜していたのです。

(撮影:2017.11.25 甲府市下向山町・米倉山山頂部にて)

nice!(0)  コメント(0) 

11月9日のアキアカネ [蝶などの虫のなかま]

171109akane01.jpg
 雌雄が一連となって、やってきました。畑かん(畑地潅漑用水)の蛇口のところで、
水を出してジョーロに入れていたところ、少しこぼれて農道の舗装面にあふれてしまっ
たところに、産卵にやってきたのです。棒打ち行為を繰り返すのですが、シッシッと追
い払おうとも思いましたが、やめました。きっと分からないだろうし、自然に任せるの
がいいだろうと・・・。こんなところに、産卵してもなぁ・・・。

(撮影:2017.11.9 甲府市下向山町にて)

nice!(1)  コメント(0) 

台風の過ぎた後のイナゴ [蝶などの虫のなかま]

171030inago.jpg
 台風22号が通過した後の今朝、田の見回りをしましたが、その際、牛(稲架のこと)
に掛けられたイネの根元にイナゴがいました。ここには、彼らのエサはないので、どう
したことかと気になりました。きっと時折吹く台風の名残の強い風に飛ばされたのかと。
ちょっと元気のないイナゴでした。

(撮影:2017.10.30 甲府市下向山町にて)

nice!(1)  コメント(0) 

ジュウジナガカメムシ [蝶などの虫のなかま]

171022jujinagakamemushi071022.jpg
 キリの木の葉の上だったか、ジュウジナガカメムシを見ました。

(撮影:2007.10.22 笛吹市八代町岡・八代四ツ沢川砂防公園にて) 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

アミダテントウ [蝶などの虫のなかま]

171020amidatentou01.jpg
 家の中で、掛けてあったズボンをはこうとしたとき、小さな虫を見つけました。
ちょっと見慣れない虫、はじめてお目にかかるのかな、テントウムシの仲間では
ないかと思いました。
 ネットで調べてみると、アミダテントウという小さなテントウムシだとわかり
ました。

171020amidatentou02.jpg
 はじめは、ジッとしていたのですが、撮影されていることがわかったためか、
次第に動きが速くなって、ちょっとブレてしまっています。

(撮影:2017.10.20 甲府市下向山町・自宅にて)

nice!(1)  コメント(0) 

モンスズメバチ [蝶などの虫のなかま]

171012monsuzumebachi01.jpg
 ちょっと窓が開いていたせいか、室内に入り込んで、蛍光灯の上にとまった
スズメバチの仲間で、おそらくモンスズメバチだと思われます。
 この秋は、なぜかしらスズメバチの仲間との遭遇が多く、今回のは、何事も
なく外に出て行ってくれたので、ホッとしました。

(撮影:2017.10.12 甲斐市団子新居にて)

nice!(1)  コメント(0) 

お休み中のヤマトシジミ [蝶などの虫のなかま]

171007yamatoshijimi01.jpg
 ヤマトシジミがエノコログサの穂にとまって、休んでいました。ちょっと難しそうな
感じがしますが、うまくとまるものですね。

(撮影:2017.10.7 甲府市下向山町・米倉山山頂部にて)

nice!(0)  コメント(0) 

イヌシデの葉にいたアカスジキンカメムシの幼体 [蝶などの虫のなかま]

171007akasujikinkamemushi01.jpg
 前回に見たイヌシデの木の1枚の葉の上での観察メモです。
 イヌシデは、前回も触れたようにカバノキ科クマシデ属の樹木ですが、この仲間は、
もともと沢筋などに見られる樹種で、どちらかというと水をほしがる木のようです。
今年の夏、当地では平均的に雨が少なく、このイヌシデの木も少々まいっている風に
見えました。葉がみな、丸まってしまっているのです。
 さて、この丸まったイヌシデの葉を隠れ場所として、3個体がまとまっていたのが
目撃されたのです。そう、アカスジキンカメムシの、まだ子どものやつです。
 この考古博物館の周辺では、このアカスジキンカメムシが比較的よく見られます。
別なブログになりますが、成長したアカスジキンカメムシや、同じ幼体ですが、もう
少しわかりやすい状況の観察記録
などが残っています。

(撮影:2017.10.7 甲府市下曽根町・県立考古博物館にて)
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 蝶などの虫のなかま ブログトップ