So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ホトケノザのABC [〔徹底追跡〕ホトケノザ]

181008hotokenoza01.jpg
 秋のホトケノザのお話しです。

 本題に入る前に、「ABC」について、少し触れておきます。これは、日本語で言えば
「いろは」ですね。いいかえれば「はじめの一歩」ということでしょうか。単純ですが
これが「A to Z」になれば「あ・うん」というか「全て」という意味になるようです。
なので、今回の話は、ホトケノザの基本・・・といった感じになりそうです。

 では、本題。 ホトケノザは、シソ科オドリコソウ属の一年草または越年草だそうで
す。その花の時期は、3月から6月とされています。しかしながら、最近では秋も冬も
初夏も花が見られます。

181008hotokenoza02.jpg
 ホトケノザの花の形は、シソ科に共通する唇形花とよばれるもので、上唇はドーム型
で、外面に細かな毛が見られます。下唇は先が2つに分かれ、濃い紅色の斑点が見られ
ます。
 上唇の内側に何か見えますね。それは、オシベとメシベが合わさって存在しているも
のです。自己受粉してしまいそうな感じになっているのですが、それでも唇形の花は、
虫がはいりやすい形で、蜜を求めた虫が潜り込んで、合着したオシベとメシベをくすぐ
ることで受粉が確実に進むようです。

181008hotokenoza03.jpg
 ホトケノザの花が見られる本の方に、小さな濃い紅色の玉のようなもの、これはつぼ
みです。
 今回、あらためてホトケノザの花のことを調べてみたら、おもしろいことがわかりま
した。「閉鎖花」があるというのです。
 つぼみのままの状態で、開花せず内部で自家受粉していく・・・というものです。

 いつも見慣れたホトケノザですが、奥が深いなぁと思われました。
 ちなみに、今回の記事をまとめるに当たって、次の記事がたいへん参考になりました。
  自然観察大学ブログ―ホトケノザ https://sizenkan.exblog.jp/23334183/

(撮影:2018.10.8 甲府市下向山町にて)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。