So-net無料ブログ作成

ラショウモンカヅラ [草や木そして花]

名称: ラショウモンカヅラ
分類: シソ科ラショウモンカヅラ属
撮影: 笛吹市御坂町上黒駒(檜峰神社)

 山地の林床に生育する多年草です。
花冠の長さが4~5cmのシソの仲間としては、とても大きくて
くっきりした紫色で、静かな環境の中で目をひく存在です。

 ラショウモンカヅラの名の由来ですが、
    源頼光の家来であった渡辺綱が,
    平安京(京都)の正門である
    羅生門(羅城門)に住む鬼を退治をした際に
    切り落とした鬼の腕に見立てたもの
との説明が、webサイト『広島県の植物図鑑』に見られました。