So-net無料ブログ作成

赤トンボの仲間 [蝶などの虫のなかま]

 早いもので9月はもう今日でお終い。
その9月の内に、今月初め(9月1日)に撮影の赤トンボの仲間を
のせておきたいと思います。



 ペアリング中のノシメトンボです。


 ノシメトンボは、水田のイネの上から、卵を産卵する(まきちらす)のだそうで、
おそらく産卵中かと思われます。
 このノシメトンボは、南アルプス市野牛島での撮影です。


 お次は、ミヤマアカネです。
ずいぶんと赤くなっていました。

翅の両端近くにある斑紋(色の付いている部分)が
この位置なのはミヤマアカネだけです。

 このミヤマアカネと次にあげるマユタテアカネは、韮崎市旭町での撮影です。


 マユタテアカネも、のせる画像は1点だけですが、
ここでは、たくさん見られました。

 さて、このブログをよく見てくださる方から、赤トンボの代表選手は?
という主旨のおたずねをいただきました。

 山梨のあたりでは、赤トンボの仲間として、
ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、ノシメトンボ、ミヤマアカネなどがよく見られ、
この「やまなしの自然余聞」でも、昨年から時々取り上げてきています。
これらのトンボのうち、どれが一番見られるかというと、
簡単にはいえない状況があります。

 よく知られているように、アキアカネは、夏の間は、高地にいて、
秋の訪れとともに平地に降りてくるので、夏の高原ではアキアカネがよく見られますが、
低地ではあまりみられません。
でも秋なると、甲府盆地を流れる笛吹川の土手などの上を
たくさんのアキアカネが飛ぶのが見られます。
 アキアカネが増えてくると、それまで平地に多く見られた
ナツアカネの存在感が小さくなってゆきます。

 また山地に近いところには、マユタテアカネ、ノシメトンボ、ミヤマアカネ
などが、ナツアカネやアキアカネをしのいで、より多く見られます。
赤トンボのことを専門的に扱っているホームページなどを拝見すると、
最近では、秋の平地でもアキアカネよりもノシメトンボの方が
多く見られるようになったと、いわれる地域もあるといわれています。

 このように、どの時期にどんな環境で見るかによって、
赤トンボの仲間は、その在り方が違うので、
どの種がミスター・アカトンボといえるかは、とても難しい問題なのです。
ただ当方の心象風景の中では、赤トンボというとアキアカネかな、と・・・・。



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アオツヅラフジの実 [とくに種や実など]


 今日は、急に気温が低下し、秋らしい陽気になりました。
秋の深まりとともに目にするようになるのは、植物の実りです。
 この写真の実は、アオツヅラフジの実です。
アオツヅラフジは、落葉つる性木本で、各地の低木などに
からみついて見られるもので、根や茎は漢方のくすりとなるそうです。

(撮影: 2007.9.26 甲府市下向山町・東山にて)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナツアカネ [蝶などの虫のなかま]


 数日前にはアキアカネを取り上げましたが、
こちらはナツアカネです。
成熟して、真っ赤になってきています。
アキアカネの場合は、成熟しても胸の部分までは、
このように赤くはならないところが、一つの相違点です。
枯れ枝の先にとまって、完全にもう“休め!”状態です。

 アキアカネと“休め!”については、先日の記事をご参照ください--->
                 http://blog.so-net.ne.jp/bnvn06/2007-09-22

(撮影: 2007.9.26 甲府市下向山町・東山にて)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マユタテアカネ [蝶などの虫のなかま]


 赤トンボの仲間のマユタテアカネです。
この個体は、右側の後翅に変形が見られますが、
飛ぶときには普通にとんでいました。


 こんなにじっくりお顔を見せていただくことができました。
大きな目玉の先の鼻のような部分の上部に、黒い斑紋があります。
これを眉と見なして、名前がつけられたそうですが、
実際は、もちろん眉ではありません。


 別な個体で、やや後ろ側から迫りました。
腹の部分、なんかトラの模様に似ていますね。
マユタテアカネは、もちろんこうしたのばかりではなく、腹部が真っ赤になった
それこそ“赤トンボ”というのもいるのですが、
今回の撮影地では、こんなんばっかでした。
 ちなみに、翅の先が黒っぽくなっていますが、褄黒(つまぐろ)型といわれます。
普通に見られるのは、黒くならないものです。

(撮影: 2007.9.24 甲斐市吉沢にて)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒガンバナの花 [草や木そして花]


 その名のとおり、秋の彼岸の頃に咲く花です。
よく知られているように、ヒガンバナ科ヒガンバナ属のこの植物は
とても変わったライフサイクルをもっています。
この時期に花が咲き、花が終わると、スイセンのそれに似た
緑の葉が出てきて、冬を越します。
そして他の植物の緑が伸びはじめるころに、枯れて、地上から姿を消してしまい
次の秋の彼岸頃、突如として花茎だけが出てきてこの花を咲かせる・・・

 そんな変わったところからだと思うのですが、子どもの頃は、
“はっかけばあさん”とか、もっと荒々しく“はっかけばばあ”とか呼んで、
少し気味の悪い花のように見て育ちました。
歯が欠けたお婆さんがなぜ結びつくのかもわからないで育ちましたが、
後にそれは“葉欠け花”がなまったものと聞き、その生態を知って合点がいきました。
きれいな花なのに葉が欠けた状態でいる・・・ それが“はっかけばばあ”といわれた由縁・・・


 咲き始めのものをクローズアップしました。
盛りになると、こうした花が花茎の先にいくつもかたまって豪華に咲くのです。

 聞くところによると、この植物は、毒性のある成分をもっているようです。
それを子どもにもわかるように、あのいまわしい俗称で教えていたのかも知れません・・・。

(撮影: 2007.9.26 甲府市下向山町・佐久神社の前にて)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ママコノシリヌグイの花 [草や木そして花]


 花だけを見ていると、淡いピンクで、小さなちいさなバラの花を見るようです。
でも、美しいバラにも棘がありますが、このママコノシリヌグイにも
茎に逆さ方向に生える棘があって、不用意に手を伸ばすとチクッと来ます。
 ママコノシリヌグイは、この棘でほかの植物などに
まとわりついて伸びていく、つる性の1年生草本です。

 それにしても、命名をされる植物学者さんは、オオイヌノフグリだとか、これだとか、
時にへんてこな名前をつけるなぁと思います。
 確かに知らないで足に引っかけたりすると、細く赤く血のにじむ線ができたりして、
ひどい草だと思うこともありますが、「継子の尻を拭う」という前近代的な名前にしなくても・・・
 あえて新しい名前を提唱するとすれば、マイクロローズですね。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウラギンシジミ [蝶などの虫のなかま]


 8月にも、このウラギンシジミを取り上げていますが、
その時は、翅の裏側の写真ばかりだったのです。
今回は、表側の姿を撮影することができたので、
ここにご紹介します。

 *前回のウラギンシジミの記事---> 2007.8.28

(撮影: 2007.9.24 甲斐市吉沢にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オギ [草や木そして花]


 ススキに似ているけど、これは、オギです。
ススキは株となって存在しますが、オギは1つひとつが
群生して見られる点が大きな違いです。

(撮影: 2007.9.22 中央市藤巻にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アキアカネ [蝶などの虫のなかま]


 アキアカネがスイスイと飛び交うのがよく見られるようになりました。
でも、ときどき、♪とまっているよ、竿の先・・・♪と歌われるように
このときは、枯れ枝の先に、すっととまりました。


 多くのトンボに共通することですが、
このような枝などにとまったばかりのときは、
飛んでいるときと同じように翅を水平にしています。
これは、そこが安全であると確認されない場合、
すぐに飛び立てるようにしているのではないかと思われます。
ほんのしばらくして、だいじょうぶそうなときは、翅が“きをつけ!”の状態から
初めの方の写真のように、“やすめ!”の状態にかわります。

(撮影: 2007.9.17 笛吹市芦川町上芦川にて)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イカリモンガ [蝶などの虫のなかま]


 動きが速いやつで、一瞬だけ止まったところをとらえました。
飛んでいるのを見て、初めは、ベニシジミかな、くらいに思っていました。
で、後で画像チェックしたところ、いくら調べても蝶の図鑑には現れなくて、
ひょっとしたら蛾の仲間かも・・・ということで、
調べる範囲を蛾に移して確認したところ、イカリモンガと判明しました。
蛾の仲間にあって、蝶のように翅を閉じてとまるところが変わっているとのことです。

(撮影: 2007.9.17 笛吹市芦川町上芦川にて  2007.9.22 13:35up)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エゾスジグロシロチョウ [蝶などの虫のなかま]


 シロチョウ科のエゾスジグロシロチョウです。
撮影時には、普通のモンシロチョウかスジグロシロチョウだろうくらいに
いい加減に見ていたのですが、後でチェックしたところ
エゾスジグロシロチョウだと判明しました。
「エゾ---」なんて初めに付くと、北海道にいる種かと思いましたが、
けっこう山梨にも多く見られるようです。

(撮影: 2007.9.17 笛吹市芦川町上芦川にて  2007.9.22 12:52up)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミドリヒョウモン [蝶などの虫のなかま]


 タテハチョウ科のヒョウモンチョウのお仲間のミドリヒョウモンです。
はじめての観察です。
ふっと見かけたので、しばらく見ながら少しずつ間合いを詰めていったら
パッと飛び立ち、ややして向こうさんから近づいてきて、
足もとにとまってくれました。
さあ、撮って・・・そんな感じでした。自信家さんだけあるな、きれいでした。

(撮影: 2007.9.17 笛吹市芦川町上芦川にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トリカブトの花 [草や木そして花]


 森の中に、青紫の小人が並んでる???
いえいえ、これはトリカブトの花ですよ。
この写真のものは、長く伸びた茎が横倒しになって
花が並んでいるように咲いているものです。


 こちらは、普通のトリカブトの花です。
でも、林床に咲いていて、かなり暗いのと、
花のつくりが変わっているので、わかりにくいですよね。


 こちらは、その横顔です。
トリカブトは、キンポウゲ科トリカブト属の多年草で、
強い毒性をもつ成分をもっています。
その毒をうまく制して、薬用にすることもあるそうです。

(撮影: 2007.9.17 富士河口湖町大石・新道峠付近にて)
 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムラサキツユクサの花 [草や木そして花]


 ムラサキツユクサの花です。
北アメリカ原産のツユクサ科トラデスカンチア属の多年草なんだそうです。
花の時期は、6~9月とされていますが、最近になって初めて見ました。


 クローズアップです。
この花は、理科の細胞のお話などで、実験に向いた花として
出てくることは知っていましたが、
実は、ずっと、あの“ブルー・ミッキマウス”のツユクサと
このムラサキツユクサの花を混同していました。
こちらは、園芸種で、あちらは野生種のようですね。

(撮影: 2007.9.13 甲州市塩山上於曽・向岳寺境内にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イチジクの・・・ [草や木そして花]


 イチジクの実が、それまでの緑色に少しずつ紅色がさしてきているようです。
「イチジクの実が」ととりあえず書き始めましたが、少し悩みました。
「イチジクの花」なのかもしれません。
漢字で表記すると「無花果」 しかし、よく知られているように
花がないわけではないのですよね。
さらに変わっているのは、それがおいしいってこと・・・
見た目はおっとりしているけれども、とてもややこしいイチジクでした。

(撮影: 2007.9.13 甲州市塩山上於曽にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケヤキの若木 [草や木そして花]


 大きな切り株の中から、若い木が芽吹き、
成長を始めています。
古い大きな切り株は、おそらくスギのそれだと思われます。
また若い木は、ケヤキ。順調に育つと、育ての親のスギと
同じくらいまで太くなるかも知れません。
とある由緒ある神社の境内での自然の一こまです。

(撮影: 2007.9.13 山梨市八幡・窪八幡神社にて)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フウセンカズラの花 [草や木そして花]


 フウセンカズラの白い小さめの花です。
ちょっと小さなカメラだったので、うまく表現しきれていませんが。


 フウセンカズラは、ムクロジ科フウセンカズラ属の1年生つる草です。
どちらかというと、園芸種で、フェンスに絡ませたりして花や実を楽しみます。
もういくつも紙風船のような果実がついてきています。

(撮影: 2007.9.13 甲府市上今井町にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キタテハ [蝶などの虫のなかま]


 キタテハです。
タテハチョウ科のキタテハやそれとよく似たシータテハ、またルリタテハなど
一群のチョウには、季節変異というのがあり、夏型や秋型があるとされています。
このキタテハは、どちらかというと秋型のそれだと思われます。
こんなところにも秋が形になっているんですね。

(撮影: 2007.9.8 笛吹市八代町岡にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハギの花 [草や木そして花]


 ハギの花です。マルバハギ・・・かな。

(撮影 2007.9.8 笛吹市八代町岡にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハイイロチョッキリの産卵の頃 [季節の話題]


 こんなふうにクヌギの枝先が、まだ緑色したドングリ一つを付け
地上に落ちているのを見ると、ああ、ハイイロチョッキリの産卵期が来たんだな・・・と。


 これは、まだ葉が緑色を保っているので、落とされてから
そんなに時間は経っていないようです。


 つまみ上げて、切り口を観察してみました。
刃物で切断したように、きれいに切られています。


 クヌギだけではなく、コナラにも産卵しているようです。


 コナラの場合も、こんなふうに“ちょっきり”切断されています。


 コナラの実がついているようすですが、ハイイロチョッキリは
こうしたまだ成熟途中のドングリの実に、産卵管を差し込んで1つ産卵し、
その後、その実のついた部分を、枝から切り落としていきます。
こうすることで、1つの実に2つ以上産卵されることを防いでいるのだそうです。
それは1つのドングリに、2頭以上が育つ栄養が満たされていないから、
言い換えれば、複数の産卵があると、幼虫は、ドングリを食べ尽くしても
成長しきれないからなのです。


 クヌギの幹の周りです。枝の伸びている範囲に
切り離された枝先が、こんなふうにたくさん落下しています。


 コナラでも同様です。
いま時期は、ハイイロチョッキリの産卵が真っ盛りなんですね。
まだ“ちょっきり”しているところを見たことはありません。
なんとか一度、この目で見てみたいと思います。

(撮影: 2007.9.7 笛吹市御坂町成田・県立博物館構内にて)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウラナミシジミ [蝶などの虫のなかま]


 シジミチョウの仲間で、シックな装いのウラナミシジミです。

(撮影: 2007.9.8 笛吹市八代町米倉・大谷沢橋東詰で)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソバナの花 [草や木そして花]


 ソバナの花です。
先月の終わりに撮影したものですが、ずっと名前がわからないで
放っておいたのですが、昨日、とあるHP(乙女高原ファンクラブ)を見ていて、
「これ、これっ」って、判明した次第です。


 ソバナは、キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草で、
漢字では「岨菜」と表記するのが一般的で、山の岨(そば=崖地)に
よく見られることから、そう名付けられたとの説明が
手元の図鑑(『自然大博物館』小学館 1992)にありました。

 なお、この日は、曇り空で、しかも林床でのことで、
フラッシュをたいての撮影です。

(撮影: 2007.8.27 富士河口湖町河口・御坂隧道<河口湖口>付近にて)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風9号通過 [空や気象・天体など]


 今朝の出勤途上で見た笛吹川の増水しているようすです。
雨量が多く、電車や高速道路などに通行止めなどの影響が出ましたが、
山梨県下には、そう大きな災害はなかった模様です。
台風9号、無事通過しました、というところでしょうか。

 関東地方の各地や東北地方などでは、たいへんなところもあったと聞きます。
被災された地域の方々には謹んでお見舞い申し上げます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アマガエル [カエルやヘビの仲間]


 アマガエルです。
サツマイモの葉の上で、じっとしていました。


 こちらは、草むらを移動中でした。

 むかし、子どもの頃、カエルというとトノサマガエルだったと記憶しています。
いまではトノサマガエルは、身の回りで見かけることはほとんどありません。
このアマガエルも、今年の春から夏にかけて、
少し鳴き方がさびしかったような気がします。
 身の回りの自然も、ことの大小はあっても、いろいろと問題を抱えているよう
アマガエルがそうならないように思いながら見つめてみました。

(撮影: 2007.9.1 南アルプス市野牛島にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

22:30現在の台風 [空や気象・天体など]


 気象庁のHPによると、強い台風9号は、22時50分現在、
静岡県・石廊崎の南南西約50キロの海上を時速約15キロで北へ進んでいるそうです。
 今夜半過ぎに静岡県東部から関東南部にかけての沿岸に
上陸する可能性が高くなっているようです。
 いま、甲府盆地南部のわが家周では、時折強く降る雨はあるものの、
風はそんなには吹いていない状況です。
台風の影響範囲について、あまり大きな災害に結びつくことないように
祈ります。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キアゲハ [蝶などの虫のなかま]


 先日、身延町の大聖寺さんの門前で見たキアゲハです。
キアゲハが盛んに蜜を吸っている花の名前は、まだわかりません。
ご存知の方がいらっしゃったらお教えください。

(撮影: 2007.9.3 身延町八日市場・大聖寺門前にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PV50,000超 [メモ的に]


 白い色をしたキキョウの花を見ました。

(撮影: 2007.9.3 身延町八日市場・大聖寺境内にて)

 さて、このほど(2007.9.4 23:10ごろ)、このブログの
創設以来の延べページビューが50,000を越えました。
たくさん見ていただいて、光栄の極みに存じます。
さらに10万PVオーバーを目指して、皆さまよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニラの花 [草や木そして花]


 ニラの花が、まだまだ咲き続けています。


 ヒメアカタテハやジャノメチョウの仲間、ハナアブの仲間など
みんなニラの花が好きみたいです。

(撮影: 2007.9.1 韮崎市神山町にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒメアカタテハ [蝶などの虫のなかま]


 ヒメアカタテハです。
秋の花、赤いコスモスにとまって、盛んに吸蜜していました。


 アカタテハに似ていますが、それよりやや小さく、
後翅に白っぽい三角の斑紋があるので、見分けられます。

(撮影: 2007.9.1 韮崎市神山町北宮地にて)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オモダカの花 [草や木そして花]


 白い3つの花弁、とても清楚な印象です。
上の方に雄花がつき、下側には雌花をつけるのだそうで、
この写真は、雌花のようです。


 オモダカ科オモダカ属の多年草で、水田や湿地などを好みます。

 実りの秋を迎えた水田のイネは、分けつして大きな株になってきました。
その根元に生えていまして、いわば雑草なんですが、
花には、ひかれるものがありました。

(撮影: 2007.9.1 韮崎市旭町上条北割にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感