So-net無料ブログ作成

飛ぶイカル [鳥やけもの]

080225ikaru.jpg
 反射的にシャッターを切り、無理矢理的に画像にとりこんだイカルです。
というか、撮影時点では、何が目の前を横切ったかわからないで、
あとで、イカルじゃん、という感じでした。

(撮影: 2008.2.25 身延町古関にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジョウビタキ [鳥やけもの]

080225jobitaki01.jpg
 こちらは、ジョウビタキさんです。
実は、ちょっと見に、モズさんかと思っていました。
でも、あとで写真と図鑑をつきあわせてみると、まず、くちばしの形が違います。

080225jobitaki02.jpg
 もっともこんな風に見えれば、すぐにわかります、ジョウビタキさんだって。
ちょっとした見る角度の違いで、鳥の表情は違うものですね。

(撮影: 2008.2.25 身延町古関にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キタテハ [蝶などの虫のなかま]

080225kitateha.jpg
 身延町古関の国道300号沿いの道の駅で見かけたキタテハです。
長く、そして今年はとりわけ本格的だった冬、
それももう少しで終わり、春がきますよ、って
そんなふうにヒラヒラと飛び回っていました。
こんなの見ると、もう心は一足飛びに春本番になってしまいます。

(撮影: 2008.2.25 身延町古関にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いまごろのスミレ [草や木そして花]


 都留市の勝山城跡で見たスミレの仲間です。
まだ葉っぱは冬色をして、地表近くにはりついています。
でもその姿のどこかに、春に花を咲かせる準備が進んでいるのでしょうね。

(撮影: 2008.2.24 都留市川棚・勝山城跡にて)

【ブログ公開中断のお知らせ】
 このブログは、本日(2/25)午後3時から27日(水)午前10時まで見られなくなります。
これは、so-netブログのシステムメンテナンスのためです。
再開後にまたよろしくお願いします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勝山城跡のホオノキ [草や木そして花]


 都留市役所の、桂川を挟んで北側に小高い独立峰があります。
そこが勝山城跡です。
一番中心で、最高所の「本丸」とされているところまでは、
遊歩道がありますが、その上っていく途中に、この写真のホオノキがあります。


 根本からすぐに3本の幹に分かれた、大きな木です。


 ホオノキは、モクレン科モクレン属の落葉高木です。
ホオノキの立つ山の斜面の少し下の方には、このように
落葉したその大きな葉がいっぱい見られます。

(撮影: 2008.2.24 都留市川棚・勝山城跡にて)

【公開中断のお知らせです】
 この2/25(月)の15:00から2/27(水)の10:00まで
このブログは、メンテナンスのため、とまります。
どうかよろしくご了解ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツグミ・ポーズ [鳥やけもの]


 胸をそらせてのこのポーズ、
ツグミに特徴的な姿です。

(撮影: 2008.2.22 笛吹市御坂町成田・県津博物館構内にて)

【公開中断の予告です】
 この02/25(月)の15:00から2/27(水)の10:00まで、
このブログは、メンテナンスのため、とまります。
どうかよろしくご了解ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おなじみのハクセキレイ [鳥やけもの]



 人の暮らしのすぐ近くにいきる野鳥といえるほど
よく見かけるハクセキレイです。
 田んぼでは、耕耘機のすぐ後ろを歩いたり、
市街地でも交通量の多い幹線道路の道ばたを歩いていたり、
という感じで見かけます。
 今回の写真は、枯れ芝の中で、活動を始めた
小さな虫たちをねらっているハクセキレイでありました。
 同じ個体の写真を二つ並べたのですが、
首を伸ばしているときと、縮めているときの違いがおもしろく感じられたので、
その辺の変化を味わってみてください。

(撮影: 2008.2.21 笛吹市御坂町成田・県立博物館構内にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コウヤボウキの実、再び [とくに種や実など]



 昨日、ある課題から、木喰さんのふるさとを訪ねました。
四国八十八カ所の霊場巡りを凝縮したような存在の四国堂も訪問先の1つでしたが、
その四国堂の周りの隣地には、コウヤボウキがたくさん見られました。
地元の方に「いまは草ボウキはつくらないですか」と尋ねたところ、
やはりまったく作らないとのことでした。
人の暮らしの身近な樹木だったのに、歴史的な場所にあっても、
そうした関係が薄れてしまっているようです。

(撮影: 2008.2.19 身延町古関・丸畑集落にて)

 なお、「コウヤボウキの実」については、2008年1月6日にも
昔の体験を交えた記事があります。ご参照ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツグミ [鳥やけもの]


 山梨市万力の笛吹川河川敷で見たツグミです。
冬の間は、どこでもよく見かけることがある野鳥です。

 このブログでは、「やまなしの自然」をみてゆき、
目にとまったものや気付いたことなどを書きつづってきていますが、
これまでの投稿記事の数も600を大きく超え、700に向かいつつあります。
そんな中で、この頃思うのは、自然の姿の「普通と特異」とは・・・
つまり、投稿記事では、より多くの方に「ふ~ん」とか、「すごいね」とか
思ってもらいたくて、珍しいものを追っかけるみたいになりがちなのです。
アクセス解析により、どの記事がどれだけ読まれるか・・・なんてことが
わかるものだから、よけいに拍車がかかります。
 でも普通に見られるものをきちんと見ていくことも大切なんだと
時々思うことがあります。
普通に見られてきたものが、ある時、気付いたら普通には見られなくなった・・・
そうしたことも結構あるようです。

 そういえば、明日(2/19・火曜)から、県博で、
『レッドデータブックの生き物たち』という小企画展(県博ではシンボル展と・・・)が
始まるようです。
レッドデータとは、絶滅が危惧される生物の一覧のこと(でいいのかな?)
そうしたテーマでの展示会、どんな内容になるのか注目したいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マガモの一家 [鳥やけもの]


 一番右手をゆくのがマガモのオス。たぶんお父さんです。
そしてその左すぐの後ろがメス。お母さん。
やや離れて手前の方からついて行くのが若い個体(メスかな)です。


 オスの頭は、緑色をしていますが、光の当たり方によっては、
こんな風に青っぽく見えることもあるようです。

(撮影: 2008.2.13 山梨市小原西の笛吹川にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モモの花芽 [草や木そして花]


 今年は冷え込みが本格的で、農作物や自然界の植物など、やや遅れがちのようですが、
そんな中でも、モモの花芽が少しずつふくらみ始めてきているのをみました。


 山梨ではモモの栽培が、笛吹市・山梨市や南アルプス市・韮崎市などで
盛んに行われています。
品種もたくさん見られ、出荷時期や日持ちなどが多様です。
 品種や産地の標高などにもよりますが、4月の中旬頃は、
ピンクの花が一斉に咲き乱れ、甲府盆地のあちこちに、
「ピンクの絨毯を敷いたような・・・」と例えられる景観がもたらされます。
 はじめの写真は、JR中央線山梨市駅の駅前広場に植えられているもので、
品種は、「加納岩白桃」だという説明プレートがありました。
「加納岩」は、登録された市内の地名だと思われます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モズの性(さが) [鳥やけもの]


 山梨市の万力公園近くの笛吹川左岸堤防を散策していたときのことです。
30mほど前方に、スズメくらいの鳥とそれより大きめな鳥が2羽で、
バタバタしていました。
いったい何事だろうと目を見張りました。
 しばらく立ち止まって観察したところ、大きい方の鳥は、
どうやらモズのようだと分かりました。
で、下の方になっているのは、カシラダカらしく見えました。
向こう側にやや離れて仲間の鳥とみられるものの姿も見えました。
 しばらく見ていて分かってきたことですが、
モズが、ほかの鳥を襲って、まさに餌食にしようとしたところに
出くわしたようです。
性とは言え、モズの衝撃的(?)な野鳥捕食の場面、
もう少し続きますが、その手のことがらを好まれない方はパスしてください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シジュウカラです [鳥やけもの]


 前々回に紹介したエナガと一緒に行動していたシジュウカラです。
シジュウカラとエナガは、どうしてあんなに仲がいいのかな。
とても不思議です。

(撮影: 2008.2.10 甲府市下曽根町の曽根丘陵公園にて)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今度はトビさん [鳥やけもの]


 またまた大きく見てください。
旋回しながら、獲物を探しているトビです。

 そういえば、今日は「建国記念の日」
この日には、トビが似つかわしい(金色であればもっといいのかも・・・)?

(撮影: 2008.2.10 甲府市上曽根町にて)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エナガさんです。 [鳥やけもの]


 280ピクセル幅で、やまなしの自然を切り取って紹介しているのですが、
そんなことを知ってか、こんな態勢でケヤキの枝に止まってくれました。
2~3羽のシジュウカラと数羽のエナガの群れでありましたが、その中の1羽です。

(撮影: 2008.2.10 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はじけたガマの穂 [とくに種や実など]


 オオクニヌシノミコトは、因幡の国を通りかかったとき、
おいおいと泣いているウサギに遭いました。
泣いているわけを聞くと、これこれしかしかで・・・、
皮をむかれた上に、潮水につかって風に当たるようにとの誤診を受け、
それで泣いていたので、原因が分かったオオクニヌシノミコトは、
皮をむかれて赤くなったウサギの体を、真水で体をていねいに洗ってあげた後、
ガマの穂にくるまって、回復を待ちなさいと・・・・
適切な処置を受けて、ウサギはまた元の白ウサギに・・・めでたし、めでたし、と。
 さて、このお話に出てくるガマの穂ですが、ずう~っと
フランクフルトみたいな崩れていない穂を敷き詰めて、
そこで“くるまって”と思っていたことがあります。
あるとき、この写真のように、穂が崩れて、ふわふわになることを知りました。
ああ、そうか、こうしたのを集めて、ふわふわベッドをつくって
回復を待ったのだな・・・と。

(撮影: 2008.2.4 甲府市千塚4丁目周辺の荒川河川敷にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カワセミ [鳥やけもの]


 甲府市千塚4丁目の、荒川に架かる千松橋付近には、こんな看板が見られます。
どちらも河川敷を利用した公園の注意看板なのですが、
右側のものには「かわせみ広場」の文字が見え、
左の看板には、カワセミの絵が添えられています。
これらの看板から、地元自治会が「環境監視員」をおいて、
環境を護る取り組みをされていることが分かります。

 ところで、カワセミいるのでしょうか・・・。


 いました、いました。
ネコヤナギの枝にとまって、川の流れを凝視しています。


 水面に飛び込んだかと思うと、近くの石の上にとまって、
よく見ると、うまく小魚をとることができたようです。

 地域の皆さんの努力で、カワセミをはじめ、
いろいろな生き物が生存する環境が保たれているようでした。

(撮影: 2008.2.4 甲府市千塚4丁目の荒川河川敷にて)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カワラヒワ [鳥やけもの]


 今日はお昼頃まで曇り空で、午後からは、積雪には至らないまでも
断続的に雪が降り続けていました。
こんな時期には、自然についての楽しい話題としたは、鳥が中心となります。
今回は、カワラヒワ。
少し逆光気味ですが、何とか名前が確認できるまでとなっています。

(撮影 2008.2.4 甲府市千塚4丁目周辺の荒川河川敷にて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チョウゲンボウ [鳥やけもの]



 ハヤブサ科のチョウゲンボウです。
甲府市立北西中学校の校舎の壁にとまっていたのですが、
やがて飛び立ち、荒川を越えて南の方向へ飛んでいきました。

(撮影: 2008.2.5 甲斐市島上条の荒川河川敷にて)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イカルチドリ [鳥やけもの]


 荒川の浅瀬で、川虫などをねらってるイカルチドリです。


 こうして盛んにエサをついばんでいました。

(撮影: 2008.2.4 甲府市千塚4丁目の荒川河川敷にて)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪の中の紅梅 [季節の話題]


 曽根丘陵公園の一角です。
今日は、節分ですが、甲府盆地も雪になりました。
午後3時前には止みましたが、真っ白な世界が訪れました。
 写真中央の背の高い落葉樹は、ユリノキです。
その向こう側には、県立考古博物館があります。


 上の写真の撮影場所の近くに、八重咲きの紅梅が数本植栽されていて、
一、二輪、咲き始めていましたが、
折からの雪に震えているようでした。

(撮影: 2008.2.3)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノイバラの赤い実 [とくに種や実など]


 ノイバラの赤い実が、冬の薄日を受けて、
きれいな輝きをみせていました。
ノイバラは、バラ科バラ属の落葉低木。
今の時期は、熟した赤い実だけが、その存在を示しています。

(撮影: 2008.1.28 甲府市荒川1丁目の荒川河川敷にて)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

荒川のネコヤナギ [草や木そして花]


 荒川の河原で見たモズさんです。
昨日の記事の3番目のモズさんの写真は、このモズさんでした。
この撮影カットの後、ここから飛び立ちましたので、
追いかけながらシャッターを切ったのが、昨日の記事の1つとなったものです。
 余談ですが、このブログには、ときどきモズさん、出てきまして、
中でも1月17日の記事で紹介した「おすましモズさん」は、たいへん好評で、
これまでに延べ70ページビューを越えるほどです。


 さて、今日から2月。
そう、今日の話題の中心は、モズさんではないのです。
モズさんがとまっていた木・・・。 ネコヤナギです。
公園などに植栽されている園芸種的なネコヤナギには、
けっこう進んでいるものもありますが、こちらは河川敷の天然物です。
こうした光景を見ると、春が近づいてきているなーと、感じられます。

(撮影: 2008.1.28 甲府市富士見2丁目周辺の荒川河川敷にて)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感