So-net無料ブログ作成

ノイバラ [草や木そして花]

080527noibara.jpg
 このごろの野山のあちこちで見かけるノイバラの花です。
ちょっと恥ずかしい話ですが、これをずうっと
“野バラ”というのがその名前だと思っていました。
 ふつうは白い5弁の花ですが、この写真のものは、
少しピンクがかって、とてもきれいでした。

(撮影: 2008.5.27 甲州市塩山下小田原にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コヨシキリ [鳥やけもの]

080527koyoshikiri03.jpg
 ヨシ類が生い茂った河原で、しきりに鳴いている鳥を見つけました。

080527koyoshikiri01.jpg
 その川を渡る橋の上から、そっと、じっと、見ることができました。
その鳥は、コヨシキリ。

080527koyoshikiri02.jpg
 さえずりをあげるときは、大きな口を開けていますが、
何と、お口の中が驚くような赤い色をしていました。

(撮影: 2008.5.27 甲州市塩山熊野・重川河川敷にて)

 ちなみに、このコヨシキリは、草野心平さんの富士山をテーマにした作品の中の
『作品第肆』の中に詠い込まれています。
この詩については、次のページをご参照ください。
 *** 『日々の詩歌』 (2008.4.17) 少女が花を摘み、つくったものは何?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クロアゲハ [蝶などの虫のなかま]

080527kuroageha01.jpg
080527kuroageha02.jpg
 先日(5/27)、甲州市塩山下小田原の金井加里神社の境内の
社叢の中をヒラヒラ舞うクロアゲハを見ました。
 写真に撮りたくても、なかなかうまい具合にとまってくれません。
けっこう、暗めの環境で、わずかに日のひかりが、
まとまって差し込んでいる場所をねらったのですが、
こんな感じに、カエデの仲間の木の葉にとまっているのを撮るのがやっとのことでした。

080527kuroageha03.jpg
 それでもと、なんども同じところを飛んでいるので、
暗い環境の中にあって、やや明るい場所にねらいを定めて、
何度か失敗しながら、10数枚の写真を撮ったのです。
そのうちの1枚が、こちらの写真です。
宙を舞っているところを撮りたい・・・そう思っていながら、
家に帰ってから、数カットをチェックすると1点だけ飛んでいる状態の
クロアゲハをとらえることができたのです。

(撮影: 2008.5.27 甲州市塩山下小田原・金井加里神社にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホオノキの花咲く・・・ [草や木そして花]

080527hoonoki.jpg
 とても離れたところではありましたが、あれは間違いなくホオノキ。
もう花の時期は終わりかと思われたのですが、
まだいっぱい大きな花を咲かせているようです。
ホオノキは、大きな葉っぱ。そして、白い大きな花。
どことなく、ひかれる木です。

 ところで、このホオノキの花が見られたところの近くで、
トノサマガエルの鳴く声を聞くことができました。
10年ほど前に北杜市須玉町の塩川沿いの田園地帯で耳にして以来、
子どもの頃には、よく聞いていたあの鳴き声、懐かしさをいっぱい感じました。

(撮影: 2008.5.27 甲州市塩山下小田原にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カッコウが梢で・・・ [鳥やけもの]

080527kakkou01.jpg
 お寺さんの本堂の背後の高い高い木の梢で、
カッコウが甲高く鳴いていました。
   イッタイ、郭公(かっこう)ノヤツ、何タクランデイルノダラウ・・・
 企んで・・・なんて、人聞きが悪いですよね。
恋の季節の宣言をして、よき伴侶を求めて、卵を産んでもらって・・・
ただ、それをお他人様(ウグイスさんなど)の巣に産んでもらって、
それをお他人様に卵を育ててもらって・・・

080527kakkou02hotouin.jpg
 甲州市塩山上萩原の法幢院の本堂です。
向かって左側の後ろにある檜と思われる高い木の上でさえずるカッコウでした。

(撮影: 2008.5.27 甲州市塩山上萩原・法幢院境内にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユキノシタ [草や木そして花]

080524yukinoshita01.jpg
 ユキノシタが咲いていました。
そろそろ、そんな季節だろうなとは思っていたのですが、
予期しないところで、“ばったり出会った”という感じの
今日(5/24)のユキノシタでした。

080524yukinoshita02.jpg

080524yukinoshita03.jpg
 何と清楚な花。
でありながら、色も形もとてもすてきです。

080524yukinoshita04.jpg
 こんな環境で、咲いていました。
北向きの古い石垣で、その隙間から生えているのでした。
小さく白い点々として見えるのがユキノシタ、そして黄色く見えるのは・・・、

080524kusanoou.jpg
 クサノオウです。
こちらのお名前について、“草の王”と字を当てる説もありますが、
個人的には、そうだとすると、ユキノシタは、草の女王だ・・・と。

(撮影: 2008.5.24 甲州市塩山上萩原にて)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コムラサキ [蝶などの虫のなかま]

080519komurasaki01.jpg
 カナメモチの花に来て、蜜を吸っているのはコムラサキです。

080519komurasaki02.jpg
 はねの表側が紫色をしていたので、オオムラサキかなと思ってしまったのですが、
同じタテハチョウ科のチョウではありますが、
もう少し小さいコムラサキでありました。

080519komurasaki03.jpg
 カナメモチも常緑の小高木で、コムラサキがとまっていたのは、高いところでしたが、
その後、しばらくまい続け、つぎにとまったのは、となりのハコネウツギの
けっこう高い場所でした。なので、下から見上げる形で、
ちょっと目が合ってしまったような感じです。

(撮影: 2008.5.19 中央市臼井阿原・ふるさと公園にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャノメチョウの仲間2種 [蝶などの虫のなかま]

080513himeuranamijanome.jpg
 ヒメウラナミジャノメです。
今頃、発生する1番手は、ヒメジオンの花が大好きなんだと。
少し小さめの種なので「ヒメ」、そして・・・

080513himeuranamijanome02.jpg
 はねの裏側は波目紋様になっているので「ウラナミ」です。

080513kojanome.jpg
 こちらは、別な種のコジャノメです。
こちらは暗い林の中などを好む、少し暗いやつです。

(撮影: 2008.5.13 市川三郷町高田にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キバネツノトンボ [蝶などの虫のなかま]

080513kibanetsunotonbo02.jpg
 キバネツノトンボです。
はじめてお目にかかりました。
はじめは、蛾の仲間かと思いましたが、ツノトンボの仲間だとわかりました。

080513kibanetsunotonbo01.jpg
 このキバネツノトンボの成虫は、4~6月に草原や乾いた河原に見られるそうです。

(撮影: 2008.5.13 市川三郷町高田にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カワトンボのカップル [蝶などの虫のなかま]

080513kawatonbo01.jpg
 交尾中のカワトンボです。
背景と同じような色具合になっていてわかりにくいですが・・・。
カワトンボのオスの個体をこの5月6日の記事で紹介していますので、
そちらもご参照ください。

080513kawatonbo02.jpg
 しばらくして、交尾が解けて、オス・メスそれぞれ飛び立ちました。
こんな環境にカワトンボは暮らしていました。

(撮影: 2008.5.13 市川三郷町高田にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウスバシロチョウ [蝶などの虫のなかま]

080513usubashirocho02.jpg
080513usubashirocho.jpg
 ハルジオンの花に来て、蜜を吸っているウスバシロチョウです。
よく見ると下の方に、ベニシジミさんも来ているみたいです。

(撮影: 2008.5.13 市川三郷町高田にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スジグロシロチョウ [蝶などの虫のなかま]

080513sujiguroshirocho01.jpg

 キツネアザミの花にとまって、さかんに吸蜜するスジグロシロチョウです。
しばらく見ていたのですが、おいしい蜜がたくさんあるのか、
少しも動かず、吸い続けていました。

(撮影: 2008.5.13 市川三郷町高田にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

河原にカワラヒワ [鳥やけもの]

080513kawarahiwa.jpg

 河原の中の石の上にとまったカワラヒワです。
昨日(5/13)の曇り空の下での撮影なので、もう一つ発色がよくありませんが・・・

(撮影: 2008.5.13 市川三郷町高田・印川にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お顔を見せて・・・ [鳥やけもの]

080513hiyodori01.jpg
 頭隠して尻隠さず・・・
どなたでしょうか、柿の木の新緑の中で、
大切なお顔がよくわからないのですが・・・

080513hiyodori02.jpg
 ああ、ヒヨドリさんでしたか。
このすぐ後、ピーヨ、と鳴きながら飛んでいってしまいました。

(撮影: 2008.5.13 市川三郷町高田にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマガラ [鳥やけもの]

080507yamagara01.jpg
 先日(5/7)、荒川上流の杉林の中で見たヤマガラです。
とても暗い環境だったので、うまくとれてませんが、
最近見た野鳥の1つとして紹介し、バードウィークイベント第3弾とします。

(撮影: 2008.5.7 甲府市御岳町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シジュウカラ [鳥やけもの]

080507shijukara03.jpg
 前回紹介したウグイスのすぐ近くに、シジュウカラもいました。

080507shijukara02.jpg
 よく見ていると、口に何かくわえました。

080507shijukara01.jpg
 さらに見ていると、近くにもう一羽がいて、先ほどのくわえたものを
差し出すようにしていました。
彼女にプレゼントをしてようとしている・・・なんて、勝手に想像してしまいました。

 そういえば5月10日から16日までは、愛鳥週間。
バードウィークにちなんで、野鳥の姿を続けてみました。

(撮影: 2008.5.7 甲府市御岳町・金桜神社付近にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウグイス [鳥やけもの]

080507uguisu03.jpg
 ウグイスが、もう葉桜となったソメイヨシノの大きな木の上の方で鳴いていました。
はじめは、どこかわからずに、よく通るさえずり声だけがしていましたが、
数分の後、ようやく居場所を見つけました。
もうちょっと、近づいて・・・、と思っていると、パッと枝を移っていきました。

080507uguisu02b.jpg
 一度姿をとらえると、ずっと追っかけて見ていくことができますが、
これ以上、近づくことは無理でした。

080507uguisu01.jpg
 ウグイスの方は、そんなこと知ってか知らずか、さえずり続けています。
ホーホケキョ、その瞬間がこれです。
お口を大きく開けて鳴くんですねぇ・・・。

(撮影: 2008.5.7 甲府市御岳町・金桜神社付近にて)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キケマン [草や木そして花]

080507kikeman01.jpg
 キケマンです。

080507kikeman02.jpg
 ケシ科キケマン属のキケマンは、ムラサキケマンと同じ属の越年草ですが、
ムラサキケマンほどには見られません。
このブログ初登場です。

080507kikeman03.jpg
 一般的なキケマンは、長さ15~20mmの筒状の花の先の方に
紫色の斑紋が見られるようですが、ここのはあるにはあるのですが、
とても薄く、黄一色のようです。

080507kikeman04.jpg
 ムラサキケマンとのツーショットです。

(撮影: 2008.5.9 甲府市御岳町・金桜神社境内にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ど根性エノキ・2 [草や木そして花]

080507enoki01.jpg
 昨日(5/7)、甲府市御岳町の荒川上流域で見た
すごいエノキの話題です。
荒川の一支流に入ったところ、急な谷地形に生え、
根本から行く株にも分かれて成長していたエノキですが、
岩盤の上に根を張っていたところ、強い風のせいなのか
根こそぎ谷に倒れ込んでしまったものがありました。
広く根を張った部分が、めくれ上がって、その部分は岩盤が露出しています。

080507enoki02.jpg
 このエノキ、谷に横倒しになり、上半は枯死してしまいましたが、
下の方は、まだ根がつながっていて、倒れた幹からは若い緑がたくさん
吹き出していました。
その横倒しの幹をなで、思わず、「がんばれ!」と声をかけてしまいました。

(撮影: 2008.5.7 甲府市御岳町・荒川上流域にて)

《メモ》前回の「ど根性エノキ」は、2008年3月6日の記事でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トラフシジミ [蝶などの虫のなかま]

080507torafushijimi02.jpg
 おや、変わったシジミチョウだこと・・・。
はねの表は、褐色からコバルトブルーまで
光の具合で変化して見えるみたい。
どうやら、トラフシジミのようです。

080507torafushijimi01.jpg
 はねの裏側は、褐色と白の縞模様ですが、
白が目立つのは春のチョウの特徴で、夏型になると
白の部分も褐色がかってきて、縞模様が薄れるようです。

(撮影: 2008.5.7 甲府市御岳町・昇仙峡の上流にて)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カワトンボ [蝶などの虫のなかま]

080430kawatonbo01.jpg
 笛吹市八代町米倉の中尾溜池の近くで見たカワトンボです。
金属光沢のある体に、褐色のはねは、オスのカワトンボ。
メスは、一般的に透明なはねをもつそうです。

(撮影: 2008.4.30 笛吹市八代町米倉・中尾溜池周辺にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツマキチョウ [蝶などの虫のなかま]

080430tsumakicho01.jpg
 シロチョウ科のツマキチョウのオスです。
タンポポにちょっとの間、とまってくれました。
1カットしかとれてないのです。もうちょっと寄りたかったな。

(撮影: 2008.4.30 甲府市白井町・笛吹川河川敷にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キュウリグサ [草や木そして花]

080430kyurigusa01.jpg
 今日から5月。
このキュウリグサは、さわやかな5月のイメージに合う感じがします。

080430kyurigusa02.jpg
 はじめの写真は、2本の花穂が接近していて、アーチのように見えましたが、
単独で見るとこんな感じです。
淡い青色の小さな花は、下の方から順に咲いていきます。
花穂の先の方は、これから咲くつぼみが固まって付いていますが、
横から見ると、すこしくるくるっと丸まってるように見えます。

080430kyurigusa03.jpg
 草むらに、あおい空のかけらがちりばめられたよう・・・
なんていうたとえはどうでしょうか。
 キュウリグサは、葉をもむと、キュウリのような香りがすることから
この名がつけられているそうです。

(撮影: 2008.4.30 笛吹市八代町米倉にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感