So-net無料ブログ作成

ナツアカネ [蝶などの虫のなかま]

080729natsuakane01.jpg
 ナツアカネです。
ちょっと暗いところにいました。

080729natsuakane02.jpg
 ストロボ使ってみました。

080729natsuakane03.jpg
 小さな吊り橋のワイヤーにとまってました。ここは日が当たってました。
ちょっと逆光ですが、お顔をクローズアップ。

(撮影: 2008.7.29 北杜市長坂町富岡・北杜市オオムラサキセンターの園内にて)


 今日で、7月も終わり。けっこうたくさんの自然の表情を見つめてきましたが、
記事にしてアップするのは、さぼり気味。反省。そこで、本日2度目の更新です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハグロトンボ [蝶などの虫のなかま]

080729hagurotonbo.jpg
 ハグロトンボです。
川縁にすむカワトンボの仲間です。
オオムラサキセンターの敷地で見たものですが、近くに宮川という川が流れています。
黒っぽい羽、金属光沢の緑色のお腹。
前回のオールレッドのトンボとは、対照的です。

(撮影: 2008.7.29 北杜市長坂町富岡・北杜市オオムラサキセンターの園地にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ショウジョウトンボ [蝶などの虫のなかま]

080729shoujoutonbo01.jpg
 しばらく、トンボさんの話題が続くかも・・・。
これは、ショウジョウトンボです。

080729shoujoutonbo02.jpg
 成熟した個体は、こんなふうに真っ赤になります。

080729shoujoutonbo03.jpg
 ほんとにすごい、お目々まで真っ赤です。

(撮影: 2008.7.29 北杜市長坂町富岡・北杜市オオムラサキセンター構内のメダカ池にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふたたびコシアキトンボ [蝶などの虫のなかま]

080729koshiakitonbo.jpg
 10日ほど前に、このトンボを撮影しようとしてうまくいかず、
飛んでいる状態のあまりよくない画像をご覧に入れてしまいました。
イツカハモットイイモノヲ! と密かに思っていましたが、
今日、マアマアイイカナ と思えるものが撮れました。

(撮影: 2008.7.29 北杜市長坂町富岡・北杜市オオムラサキセンター構内のメダカ池にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高地で見たアキアカネ [蝶などの虫のなかま]

080722akiakane01.jpg
 大弛峠に向かう林道・川上牧丘線の途中、
標高1000mオーバーの高地で見たアキアカネです。

(撮影: 2008.7.22 山梨市牧丘柳平にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スポットライトを浴びたミヤマカラスアゲハ [蝶などの虫のなかま]

080712miyamakarasuageha01.jpg
 ミヤマカラスアゲハのオスです。
このときは、森の中のコンクリート舗装の道の上に、
水がながれだしていました。
その水を求めておりてきたようです

(撮影: 2008.7.12 笛吹市八代町岡・稲山ケヤキの森公園の入口の道路にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水田にいたメダカ [魚やカニ・エビのなかま]

080712medaka01.jpg
080712medaka02.jpg
 少し前(7/12)のデータですが、水田にメダカが泳いでいたので、
けっこうびっくりしました。
自然界の中の存在としては、絶滅が危惧されるメダカです。
それにしても、水の中に動き回るその姿をとるのは、とても難しいです。

(撮影: 2008.7.12 中央市西花輪にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いまは緑だけれど・・・マムシグサの実 [とくに種や実など]

080719mamushibusa01.jpg
 お包みの中に緑の実がぎっしり・・・。
ご飯の部分が緑色のおいなりさんみたい・・・。

080719mamushibusa02.jpg
 別な個体を見ました。
緑色をした実の部分を包んでいるのは、仏炎苞(ぶつえんほう)が枯れたもの。

080719mamushibusa03.jpg
 これはマムシグサの今頃の姿です。
今は緑色をしている実は、やがて・・・
どうなるか、気になる方は、次のバックナンバーでどうぞ。

(撮影: 2008.7.19 笛吹市御坂町藤野木・御坂旧道沿いで)

「マムシグサ」についてのバックナンバー一覧
 ---> 2007年11月30日 「マムシグサの実」
    ・・・晩秋の実のようすです(最終的な答え)
 ---> 2007年5月22日 「マムシグサの花」
    ・・・今日のようになる前の段階、とくに枯れてしまう前の仏炎苞に注目です(参考)
 ---> 2006年10月19日 「マムシグサの実」
    ・・・今回の記事で取り上げたのと同じ場所での、秋の初めのようすです(中間的な答え)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エゴノキの実と・・・ [草や木そして花]

080719egonoki01.jpg
 先日(7/19)、御坂ふるさと公園で見たエゴノキの若い実です。
エゴノキの実は、とてもかわいらしい形をしたものが
枝からでた柄の先に、数個ついています。

080719egonoki02.jpg
 そのエゴノキについてものですが、なんだと思いますか。
花ではありません。
花は、春に白い小さめの花が下向きに咲き、いまはそれが実を結んでいます。
この写真のものは、「虫こぶ」と呼ばれるものです。
「虫こぶ」・・・それはとても不思議な存在、うまく説明できません。

(撮影: 2008.7.19 笛吹市御坂町尾山・御坂ふるさと公園にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムシトリナデシコでお食事中のモンキチョウ [蝶などの虫のなかま]

080719monkicho02.jpg
080719monkicho01.jpg
 ムシトリナデシコの花に吸蜜管を差し込んで
蜜を吸っているモンキチョウです。

(撮影: 2008.7.19 笛吹市御坂町藤野木・御坂旧道沿いで)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飛んでいるコシアキトンボ [蝶などの虫のなかま]

080719koshiakitonbo01.jpg
 コシアキトンボです。
コシアキトンボが飛んでいたのですが、なかなかとまってくれないので、
しかたなく飛んでいるところを撮りました。
とても早く飛ぶので、望遠レンズでとらえるのはとても難しい。
シャッタースピードを速くしなければ撮れないし、
そうだと暗くなるし、ピントは合いにくいし・・・・。
ああ、かなりピンぼけ・・・。

080719koshiakitonbo.jpg
 少しシャッタースピードを上げました。
暗くなったので、画像補整してます。
コシアキトンボについては、2007年8月11日の記事をご参照ください。

(撮影: 2008.7.19 笛吹市御坂町尾山・御坂ふるさと公園にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みにサクランボ特集 [とくに種や実など]

080715sakuranbo01.jpg
 サクラは、春、花で楽しませてくれます。
そして秋は、紅葉で楽しませてもくれます。
それからもう一つ、今の時期、小さくてかわいい、きれいな実を見せて、楽しませてくれます。
1点目は、広瀬湖の畔で見たミニ・サクランボです。
一般にサクランボとよばれるのは、桜桃という木の実、有名な佐藤錦など
品種の改良が進んで、いろいろなものがあるようです。
ここでは、区別するために、ミニを頭につけておきます。

080719sakuranbo02.jpg
 この2点目と次の3点目は、御坂峠を超える旧道の
笛吹市御坂町側の道路沿いで見たものです。
 先ほど、「今の時期」と表記しましたが、広瀬湖も御坂旧道もどちらも標高が1000m前後と
高いところにある環境でこその「今の時期」なので、盆地などではもっと早くに見られるものです。

080719sakuranbo03.jpg
 それにしても、鈴なりです。ルビーみたいなのがいっぱい・・・。
なかなか見事でした。

(撮影: 1点目=2008.7.15 山梨市三富川浦・広瀬湖畔にて、2・3点目=2008.7.19 笛吹市御坂町藤野木地内)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3年目のヘクソカズラ [草や木そして花]

080708hekusokazura01.jpg
 ヘクソカズラの花が見られるようになりました。
ある意味で、夏が来たなぁ~、と感じます。

(撮影: 2008.7.8 甲府市増坪町・濁川右岸堤防にて)

 さて、タイトルに「3年目の」としたのは、この濁川の土手で見たものを
定点観察ということではありません。
 2006年5月9日に始めたこの『やまなしの自然余聞』ですが、
これまでに毎年同じような記事をのせているなぁ、というものがあることに気付いたのです。
ちなみに「ヘクソカズラ」のバックナンバーを見てみますと
昨年が
  「ヘクソカズラの花」・・・2007年7月30日
              URL:http://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/2007-07-30-1
そしてその前の年は
  「ヘクソカズラ」・・・2006年7月10日
              URL:http://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/2006-07-10
という具合です。
 まあ、こんなふうに続けてきているのですが、このほど、累積のページビューが
10万ページを超えたことに気付きました。
稚拙なブログ・コンテンツですが、たくさんご覧いただけていることに感謝申し上げます。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミヤマチャバネセセリ [蝶などの虫のなかま]

080708miyamachabaneseseri01.jpg
 イネ科の植物の葉の上にとまっていました。
セセリチョウの仲間のミヤマチャバネセセリです。
 ミヤマチャバネセセリは、河原周辺の日当たりの良い草原を住処とし、
幼虫もイネ科のススキやチガヤなどを食草としているようです。

(撮影: 2008.7.8 甲府市増坪町・濁川右岸堤防にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キマダラセセリ [蝶などの虫のなかま]

080708kimadaraseseri01.jpg
 アカツメクサにとまって、吸蜜するキマダラセセリです。

080708kimadaraseseri02.jpg
 こうして見ると(このような角度では)、垂直尾翼2枚のF14やMiG-25みたいです。

(撮影: 2008.7.8 甲府市増坪町・濁川右岸堤防にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クズの花 [草や木そして花]

080708kuzu01.jpg
 クズはとても、強健なつる性植物で、放っておくと一面に広がることがあります。
長くどこまでも伸びるつるは、地面に接するとそこに根を伸ばし、
さらに伸びていきます。
 昔は、このクズの根から、くず粉をとりだし、くず餅やら
また葛根湯などの薬用にもしてきました。
 しかし、いまはクズの利用にたいへん手がかかるので、そうした昔からのお付き合いは
下火になってきていて、ただ厄介者というそんざいになっているようです。
 さてそんなクズに、花が咲き始めました。
長い花穂がつき、下の方から順に咲いていきます。
その花穂の下から順に咲き進む様は、前回のオカトラノオと似なくもないかな
と感じられました。

080708kuzu02.jpg
 赤紫色のマメ科特有の形をした花が、たくさんついています。

(撮影: 2008.7.8 甲府市増坪町・濁川右岸堤防にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オカトラノオ [草や木そして花]

080705okatoranoo02.jpg
080705okatoranoo01.jpg
 北伊奈ヶ湖周辺で見たオカトラノオです。
トラのおっぽに見立てられたカーブした花穂、
下から順に小さな白い花が咲いていきます。

(撮影: 2008.7.5 南アルプス市上市之瀬・北伊奈ヶ湖の周りで)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メスグロヒョウモン [蝶などの虫のなかま]

080705mesugurohyoumon01.jpg
080705mesugurohyoumon02.jpg
080705mesugurohyoumon03.jpg
 メスグロヒョウモンのメスです。
このチョウは、オスとメスの色の違いが際だっていて、
黄色を基調としたヒョウモンチョウの仲間の中で、
この種は、メスだけが黒っぽい色をしているこのに名の由来があります。
ツルアジサイの花にとまって、はねをゆっくり閉じたり開いたりしながら、
無心に(?)吸蜜していました。

(撮影: 2008.7.5 南アルプス市上市之瀬・北伊奈ヶ湖の周りで)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キツリフネ [草や木そして花]

080705kitsurihune01.jpg
 ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草のキツリフネです。
先日(7/5)、北伊奈ヶ湖の周りで見ました。

080705kitsurihune02.jpg
 黄色の花が長い花柄によってつり下がっています。
赤紫のツリフネソウとよく似ていますが、
ツリフネソウでは、距(きょ)の先端がくるくるっと巻いているのに対し、
このキツリフネは、丸みをもっているだけで、花の色の違いとともに、
この距の形も異なっているのが区別されるところだそうです。

(撮影: 2008.7.5 南アルプス市上市之瀬・北伊奈ヶ湖畔にて)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キイチゴ類の実り [とくに種や実など]

080705kiichigo01.jpg
 これなぁ~んだ? いくら・・・ですって! ちがうちがう・・・!!!

080705kiichigo02.jpg
 今回は、先日(7/5)、南アルプス市にある伊奈ヶ湖県民の森の
北伊奈ヶ湖周辺で見た木イチゴの仲間を取り上げます。
 キイチゴ類とここでいうのは、バラ科キイチゴ属の落葉低木の仲間のことです。
これは1点目の写真とも同じですが、モミジイチゴかなと思われます。
熟して黄橙色をした実は、生食できるそうです。

080705kiichigo03.jpg
 こちらは、やはり同じ場所に見られたもので、赤く熟したクマイチゴだと思われます。

(撮影: 2008.7.5 南アルプス市上市之瀬・北伊奈ヶ湖周辺で)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クロコスミア [草や木そして花]

080703crocosmia01.jpg
080703crocosmia02.jpg
 お名前は、クロコスミア。
園芸種で、原種はアフリカ原産、そしてわが国では
モントブレチアの名称の方がよく知られているとか。
球根で増やすようですが、数年間植えっぱなしでも大丈夫だそうです。
さらに人家の周辺で野生化することもあるようですが、
この写真は、畑の隅に植えられていた物です。
いままで時々に見かけてきた花ですが、ずっと名前などがわからなくて・・・。

(撮影: 2008.7.3 甲府市西油川町にて)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホソヘリカメムシ [蝶などの虫のなかま]

080703hosoherikamemushi01.jpg
 ヘリカメムシの仲間の1種で、ホソヘリカメムシです。
ヘリカメムシの仲間は、草食性で、このホソヘリカメムシは、
たまたまツユクサの葉のにいるのを見ましたが、
マメ科の植物に害を為すものだそうです。

(撮影: 2008.7.3 甲府市小曲町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

で、ツユクサ [草や木そして花]

080703tsuyukusa01.jpg
 ある方曰く、ブルーミッキーマウス。かわいい名前ですね。
こちらが、ツユクサ科ツユクサ属の1年草のツユクサです。
花びらは、3枚なんだそうですが、下の方の小さなのは、小さい上に半透明なんで目立たないとか。
左右の大きな青い花弁が、たしかに、ミッキーマウスの大きな耳を連想させますね。

(撮影: 2008.7.3 甲府市小曲町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムラサキツユクサ [草や木そして花]

080701murasakitsuyukusa01.jpg
 ムラサキツユクサです。
先日(7/1)、甲府市古関町の吉祥寺という小さなお寺さんの境内で見たものです。

080701murasakitsuyukusa02.jpg
 このムラサキツユクサは、アメリカ原産のツユクサ科トラデスカンチア属の多年草だそうです。
このブログの主bnvn06は、このムラサキツユクサとただのツユクサをいつも混同してしまい
とても困ります。

(撮影: 2008.7.1 甲府市古関町・吉祥寺境内にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おたまじゃくし [カエルやヘビの仲間]

080701otamajakushi.jpg
 甲府市古関町の芦川左岸の水田や脇の水路で見たオタマジャクシです。

080701otamajakushi02.jpg
 ♪ お~たま じゃくしは カエルの子ーっ・・・
でしたね。それではいったい、このオタマジャクシは、何という種のカエルの子なんでしょうか。
よくわかりません。オタマジャクシ図鑑を探さなければ・・・。

(撮影: 2008.7.1 甲府市古関町にて)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミヤマカワトンボ [蝶などの虫のなかま]

080701miyamakawatonbo01.jpg
 芦川渓谷で、芦川の支流の寺川の畔で見たミヤマカワトンボです。
川の左岸のコンクリート舗装された小道にとまったのですが、
相当な距離があったので、少しボケ気味ですが・・・。

(撮影:2008.7.1 甲府市古関町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電線でさえずるヤマガラ [鳥やけもの]

080701yamagara01.jpg
080701yamagara02.jpg
080701yamagara03.jpg
 甲府市古関町は、笛吹川(富士川)支流の芦川の渓谷に開けた町。
ほぼ東西に流れる清流にそったわずかな可耕地と集落のまわりは、豊かな山林です。
そんな環境だからでしょうか。
電線にとまって盛んにさえずりを繰り返している野鳥が、ヤマガラだったのは、ちょっと驚きでした。

(撮影: 2008.7.1 甲府市古関町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツマグロヒョウモンもいました [蝶などの虫のなかま]

080701tsumagurohyoumon02.jpg
080701tsumagurohyoumon01.jpg
 甲府市古関町の民家の庭先のムシトリナデシコのピンクの花に来ていたのは、
オナガアゲハだけではありませんでした。
ツマグロヒョウモンもいましたよ。

(撮影: 2008.7.1 甲府市古関町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オナガアゲハ [蝶などの虫のなかま]

080701onagaageha01.jpg
080701onagaageha02.jpg
080701onagaageha03.jpg
 甲府市古関町の民家の庭先で見たオナガアゲハです。
クロアゲハに似ているのですが、尾の長さが2倍程度になっています。
この日は、梅雨の中休みでよく晴れ、高速度シャッターが使えたので、
何とか写しきることができました。

(撮影: 2008.7.1 甲府市古関町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒマワリが咲いていた [季節の話題]

080701himawari.jpg
 今日から7月。
その1日という日に、きれいに咲いたヒマワリを見ることができたのは偶然かしら。
いよいよ夏だなぁ、と。

080701himawari02.jpg
 ヒマワリは、甲府市古関町の集落の中のお庭に育てられていたもので、
いくつかの種類があるようでした。

(撮影: 2008.7.1 甲府市古関町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感