So-net無料ブログ作成

タカサゴソウの花 [草や木そして花]

090426takasagosou01.jpg
 キク科で、ニガナ属の多年草の、タカサゴソウです。
タンポポの仲間ですが、舌状花だけで構成されています。

090426takasagosou02.jpg
 明るい野に咲くタカサゴソウですが、現地で見たとき、
どのような素性の花かはわからなかったので、撮影カット数は、2つのみ。
自信がない花は、なかなか迫りきれないのです。
 ところで、ここでは、こんなに咲いているタカサゴソウですが、
環境省のレッドデータリストでは、「VU」なのだと。
つまり絶滅の危険が増大している種というカテゴリに入るものだそうです。

(撮影: 2009.4.26 笛吹市一宮町国分・金川左岸河川敷にて
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハリエンジュの花 [草や木そして花]

090426harienju01.jpg
 河川敷にハリエンジュの疎林が形成されていて、
それに花が咲き始めていました。

090426harienju02.jpg
 ハリエンジュというより、“ニセアカシア”の方が、よく知られた呼び名ですね。
ハリエンジュは、マメ科ハリエンジュ属の落葉高木です。

090426harienju03.jpg
 マメ科なので、マメ科特有の花のつくり、
クリーム色で、房状に咲くのはフジの花に似ています。

(撮影: 2009.4.26 笛吹市一宮町国分・金川左岸河川敷にて)
 
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キリの花 [草や木そして花]

090426kiri01.jpg
 キリの木に、花が見られる季節です。
ゴマノハグサ科キリ属の落葉高木、キリの木は、高い梢に花をつけますが、
このときは、河川敷に育つキリの木を、すぐ横を通過する橋の上から見たので、
このように目の前に観察することが出来ました。

090426kiri02.jpg
 筒型の花は、先端で分かれ、くるっと外側に開くものとなっています。

090426kiri03.jpg
 クローズアップです。

(撮影: 2009.4.26 笛吹市一宮町国分・金川左岸河川敷にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アオイトトンボを見ました [蝶などの虫のなかま]

090426aoitotonbo01.jpg
 このシーズンで、はじめてアオイトトンボを見ました。
金属質のきれいな色をしています。

090426aoitotonbo02.jpg
 クローズアップしてみると、かわいらしくもあり、
ちょっと怖そうでもあり・・・でした。

[注意] 画像は2点とも640ピクセル幅のものを縮小表示していますので、
    ギザギザして不自然な部分があります。
    クリックして拡大してご覧ください。

(笛吹市一宮町国分・金川の森公園内で)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハシリドコロの花 [草や木そして花]

090426hashiridokoro01.jpg
 今の時期、すこし高いお山の沢筋の湿り気の多い場所には
ハシリドコロが花をつけているのが見られます。

090426hashiridokoro01a.jpg
 葉の付け根から長い柄をのばし、
下向きの釣鐘形の花を咲かせるのです。

090426hashiridokoro02.jpg
 濃い紫色のカップのような花は、下向きに咲くので、
その花のつくりは、よく観察できませんが、内側はクリーム色をしていました。
 さて、ハシリドコロとは、変わった名前だと思います。
実は、この植物には、毒性のある物質があって、
これを食べると狂乱状態に陥り、走り回ることがあることから
このハシリドコロという名前が出たのだそうです。
そう、ちょっと怖い植物ですね。
具体的にどこに毒性があるかですが、手元の植物の解説書*によると
地下茎にあって、これを食べると特にダメらしいですので、気をつけましょう。
(* 村松正文・鈴木憲仁『山梨の花』山梨日日新聞社,1982 p.41)

090426hashiridokoro03.jpg
 ナス科ハシリドコロ属の多年草で、適地にあっては群落をつくります。
なお、夏になると、このハシリドコロの地上部分はなくなり、
地下に、あの危ない、太い根茎だけが残るのだそうです。

(撮影: 2009.4.26 笛吹市御坂町藤野木・御坂峠登山道沿いで)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オオデマリの花 [草や木そして花]

090425oodemari01.jpg
 今日は、終日雨降り・・・。
そんな中で、オオデマリの花を見ました。

090425oodemari02.jpg
 森林総合研究所の構内でありましたので、
それぞれの樹木の脇に、こうしたネームプレートが設けられていました。

090425oodemari03.jpg
 写真もついたわかりやすいプレートです。

090425oodemari04.jpg
 さて、オオデマリの花ですが、
白く毬(まり)のような、花のかたまりになって咲いています。

(撮影: 2009.4.25 増穂町最勝寺・県森林総合研究所構内にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカフウロの花 [草や木そして花]

090424americafuuro01.jpg
 アメリカフウロの花が見られるようになりました。
冬の間、小さめの赤っぽい葉をして、
ずっと地面にへばりついていましたが、春が来てずいぶん大きくなり、そして・・・

090424americafuuro02.jpg
 ゲンノショウコに似た、淡い紫の花を付けています。

(撮影: 2009.4.24 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園内にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホタルカズラの花 [草や木そして花]

090419hotarukazura01.jpg
 ムラサキ科ムラサキ属の多年草、ホタルカズラが
青紫色のきれいな花をつけていました。

090419hotarukazura02.jpg
 高さ10センチほどの草丈で、常緑の葉には、粗い毛が目立ちます。

090419hotarukazura03.jpg
 花の時期は4~5月。
やまなしでも各地の山地に分布するそうですが、
あまり多くは見られないそうです。

(撮影: 2009.4.19 身延町西島にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

卯の花咲く [草や木そして花]

090419utugi01.jpg
 ウツギが咲いていました。

090419utugi02.jpg
 卯の花といわれるものです。
 四月の旧称は「卯月」ですが、卯の花が咲く月、
ということに由来するようですが、それは旧暦の時代に生まれたもので、
今の暦では、もう少し後のことではないかと思われます。

090419utugi03.jpg
 実際に、ウツギの花の時期は、手元の図鑑では、
5~6月となっていました。
ウツギの開花も、例年より早くなっているようです。
(3点目の写真はクリックすると別画面で大きく表示されます)

(撮影: 2009.4.19 身延町西島・富士川右岸にて)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダンコウバイの赤ちゃん [草や木そして花]

090419dankoubai01.jpg
 足下に、ちっちゃな草が生えているなぁと・・・。
でもよく見るとそれは、草ではなくて、ダンコウバイの若木のようでした。
 クスノキ科クロモジ属の落葉小高木というれっきとした木なのですが、
どんなものにも、よちよち歩きのような、幼いときがあるのだな、
しみじみと、そのように感じだダンコウバイの若木でした。

(撮影: 2009.4.19 身延町西島にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この春2度目のキジムシロの花 [草や木そして花]

090419kijimushiro01.jpg
 バラ科キジムシロ属のキジムシロの、黄色い花です。
前回は、3月29日に観察したものを4月1日の記事で紹介しています。

090419kijimushiro02.jpg
 今回のキジムシロは、北向きの林縁で見たもので、
少し黄色の発色がよくないですが、ともかく雑木林の春の花です。

(撮影: 2009.4.19 身延町西島にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土手に咲く菜の花 [草や木そして花]

090419nanohana04.jpg
 毎年、とても賑やかに菜の花が咲くところです。
安全運転してますが、横目で菜の花鑑賞してしまいます。

(撮影: 2009.4.19 市川三郷町大塚・国道140号沿いで)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

河川敷の菜の花 [草や木そして花]

090418nanohana01.jpg
 野に出ると、黄色の花も、たくさん見られますが、
これも忘れてはいけません。
春といえば、菜の花です。

090418nanohana02.jpg
 河川敷に点々と生えていて、今が盛りと咲き乱れていました。
この場所は、橋があって、背景はその影の部分。
ちょっとコントラストが、花の全体の姿を浮き上がらせています。

090418nanohana03.jpg
 菜の花・・・、やはりアブラナでしょうか。

(撮影: 2009.4.18 甲府市小曲町・蛭沢川河川敷にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オニタビラコの花 [草や木そして花]

090418onitabirako01.jpg
 オニタビラコの花です。
キク科オニタビラコ属の1年草ないし越年草だそうです。
キク科までは、タンポポと同じです。

090418onitabirako02.jpg
 こんな感じに群れて咲いていますが、
タンポポよりは、目立ちにくい花です。

090418onitabirako03.jpg
 別な表情を切り取りました。
背景の野原のピンクや青色の花が、いい感じにぼけていて、
春の野原の優しい色合いが出ています。

(撮影: 2009.4.18 甲府市小曲町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今度は、きいろいの [草や木そして花]

090418tanpopo01.jpg
 遠くから見ているので、小さく見えているだけですが、
それだけたくさん咲いてるっとこと・・・。
何の花だとおもいますか?

090418tanpopo02b.jpg
 はい、そのとおり、タンポポでした。

090418tanpopo02.jpg
 以前は、カントウタンポポとセイヨウタンポポと、違いについて気にしてましたが、
今は、どいうしたことか、明確なセイヨウタンポポというのを見かけなくなりました。
かといって、カントウタンポポばかりかというと、ちょっと首をかしげたくなります。
そうした中で、このタンポポは、
ややセイヨウタンポポの雰囲気を持ち合わせていると思います。

(撮影: 2009.4.18 甲府市小曲町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう一つ、小さくてかわいいの [草や木そして花]

090418ooinunohuguri01.jpg
 空色で、小さな花が続いていますが、もう一つありました。
オオイヌノフグリです。
寒い頃にはよく注目していたけど、
ほかの花がたくさん見られるようになると、注目度は、かなり低下。
でも、こうしたシリーズでは、欠かせませんね。

(撮影: 2009.4.18 甲府市小曲町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マツバウンランの花 [草や木そして花]

090418matsubaunran01.jpg
 小さな小さな花の第3弾は、マツバウンランです。

090418matsubaunran03.jpg
 この花は、こんな感じに生えています。
そう、あまり利用のない駐車場の舗装の切れ目とか、
公園のタイル舗装の隙間とか、また芝生に混じって、見られます。
もっとも広くまとまって生えるところもあるようです(まだ見たことないですが)。

090418matsubaunran02.jpg
 もう少し、クローズアップしました(画像をクリックすると別画面でさらに大きく)。
このマツバウンランは、ゴマノハグサ科ウンラン属の1年草または2年草です。
この花の作りは、ちょっとかわっていて、どんなふうになっているのか、
一見しただけでは、わかりません。
このマツバウンランの花の作りを知るのに、次のサイトがとても参考になります。
 なかなかさんの「花*花・flora」(http://www.juno.dti.ne.jp/~skknari/index.html.htm)     とくに「マツバウンラン」のページ
     (http://www.juno.dti.ne.jp/~skknari/matuba-unran.htm

(撮影: 2009.4.18 甲府市小曲町にて)



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キュウリグサの花 [草や木そして花]

090418kyurigusa01.jpg
 とてもちっちゃい野の花の第2弾として、キュウリグサです。
前回のスズメノエンドウと負けないくらい小さな花です。

090418kyurigusa02.jpg
 でも花の色や、花の作りは、なかなかかわいいですよ。

090418kyurigusa03.jpg
 小さいので、マクロ撮影がなかなかうまくいきませんが、
雰囲気をお楽しみください。

(撮影: 2009.4.18 甲府市小曲町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スズメノエンドウの花 [草や木そして花]

090418suzumenoendo01.jpg
 カラスノエンドウの花がくれば、お次はどうしたって、
このスズメノエンドウの花でしょう。

090418suzumenoendo02.jpg
 前回のカラスノエンドウと同じレンズ、ほぼ同じ距離での撮影ですが、
これがいっぱい、いっぱい。
かなり小さいのです。
そう、カラスとスズメの違いくらい・・・かな。

090412karasunoendo02b.jpg
 ああ、ちょっと訂正。
前回のカラスノエンドウの花は、サイズが縮めてありました。
縮めないで同じ条件での大きさというと、こちらがそうです。
これではじめて、カラスとスズメの差がわかります・・・ねっ。

(撮影: 2009.4.18 甲府市小曲町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラスノエンドウの花 [草や木そして花]

090412karasunoendo01.jpg
 カラスノエンドウの花が見られる時期になりました。

090412karasunoendo02.jpg
 マメ科の花の形。
すでに咲き終わったものもあるようです。

(撮影: 2009.4.12 甲府市丸の内1丁目・舞鶴公園にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムラサキケマンの花 [草や木そして花]

090416murasakikeman01.jpg
 ムラサキケマンの花が咲いています。

090416murasakikeman02.jpg
 よーくみると、この花、変わっています。
ツリフネソウのような作りになっているようです。

090416murasakikeman03.jpg
 葉にピントを合わせてみました。
ニンジンの葉に似てませんか。あるいは観葉植物のアジアンタムと同じみたい・・・かな。

(撮影: 2009.4.15 甲府市下向山町・曽根丘陵公園にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士山登山道に咲くフジザクラ [草や木そして花]

090414fujizakura01.jpg
 フジザクラです。

090414fujizakura02.jpg
 淡い桜色、下向きに咲く、やや小降りの花です。

090414fujizakura03.jpg
 ソメイヨシノのような華やかさはなく、
ひっそりと慎ましやかに咲いていました。

090414fujizakura04.jpg
 この道は、富士山に登る歴史的な道、「吉田口登山道」であります。
フジザクラは今、歴史的な登山道を彩っていました。

(撮影: 2009.4.14 富士吉田市上吉田にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミヤマエンレイソウ [草や木そして花]

090414miyamaenreisou01.jpg
 ユリ科エンレイソウ属のミヤマエンレイソウです。

090414miyamaenreisou02.jpg
 10cmほどに立ち上がった茎に、葉が3枚、
白い花弁も3枚です。

(撮影: 2009.4.14 富士吉田市上吉田・大塚丘にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマブキ、咲きました [草や木そして花]

090411yamabuki01.jpg
 ヤマブキの花が見られるようになりました。

090411yamabuki02.jpg
 低地の林縁などでは、かなり咲き進んでいますが、
今回見たのは、標高が700mほどで、
ようやく咲き始めたという感じでした。

090411yamabuki03.jpg
 今回、いちばんの発見は、ヤマブキのつぼみの
おもしろい仕組みです。
まだたたまれた花びら、ねじりしめたようになっていました。
(この画像、別画面に大きく見ることが出来ます)

090411yamabuki04.jpg
 いくつもつぼみがありましたが、みんな黄色のソフトクリームみたいだった・・・。

090411yamabuki05.jpg
 そして、ねじられていた花びらが、こんな感じに開いてゆき・・・。

090411yamabuki06.jpg
 全開です。
あらためて見ると、これもきれいな花だと思います。

(撮影: 2009.4.11 南アルプス市上市之瀬にて)

参考までに・・・


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルリタテハに遊ばれて [蝶などの虫のなかま]

090411ruritateha01.jpg
 あっ、ルリタテハ・・・。
ふっと、寄ってきては、またずっと離れていく。
いっちゃった・・・と思ってたら、また寄ってくる・・・。
遊ばれてるな・・・と感じました。
そして、目の前の日当たりのよい木製ベンチの上にとまりました。

090411ruritateha02.jpg
 タテハチョウの仲間は、翅を閉じてとまることが多いですね。
このキタテハも、しばらくはピタッと閉じていましたが、
1~2分に一度くらいの間隔で、少しだけ開いてくれました。
やはりこのチョウは、翅の表側の瑠璃色の帯が売り物ですから・・・、
もっと開いてよー、と念じながらねばりました。
またもや、遊ばれているな・・・です。

090411ruritateha03.jpg
 10分近く、根比べをして、とうとう開いていただくことができました。
やはり、きれいな色です。
遊ばれた甲斐がありました・・・。
(画像をクリックすると、別画面で大きく見ることが出来ます)

(撮影: 2009.4.11 南アルプス市上市之瀬・森林科学館前庭にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スミレ、いろいろ(2) [草や木そして花]

090411sumire01.jpg
 タチツボスミレのようです。

090411sumire01b.jpg
 花の内側に、毛が見られません。

090411sumire01a.jpg
 スミレの花の特徴の1つの距(きょ)が、やや細長いのも
タチツボスミレの特徴と同じです。

090411sumire03.jpg
 こちらもタチツボスミレの仲間だと思われます。
タチツボスミレは、明るい野山に分布しますが、
ここは、すでに陰ってしまっていて、すこしイメージが違っています。

090411sumire03b.jpg
 花の特徴は、タチツボスミレのようです。

090411sumire02.jpg
 こちらは、日陰の斜面に見られました。
葉の形が特徴的ですね。

090411sumire02a.jpg
 たくさん花がついているもののありますよ。
フモトスミレの仲間ではないかなと思いました。

 スミレの花についても、詳しくないので、
『増補改訂 日本のスミレ』(山と渓谷社、2004)という図鑑を参考に
書いていますが、種の同定は正確ではありません。あしからず・・・。

(撮影: 2009.4.11 南アルプス市上市之瀬・伊奈ヶ湖県民の森にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スミレ、いろいろ [草や木そして花]

090410sumire01.jpg
 このところ、いろいろな種類のスミレが見られます。
今日は、そのうち2つほど・・・。
いずれも集落内の、旧家の門前に見られました。
このスミレよく見ると、側弁の内側に毛が多く見られます。
イブキスミレというのに似ているように思えますが、園芸種かも。

090410sumire02.jpg
 こちらは、白くて、小さめの花が特徴的です。
ニョイスミレの仲間のような感じがしますが、
スミレの世界は、なかなか難しいですね。

(撮影: 2009.4.10 富士河口湖町河口にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アケビの花咲く・・・ [草や木そして花]

090409akebi01.jpg
 この頃、よく、アケビの花を見かけるようになりました。

090409akebi02.jpg
 アケビは、アケビ科アケビ属の落葉つる性木本。
ほかの木に絡まって、伸びています。
そして・・・、
ほかの木に先駆けて、葉を広げ、花を咲かせています。
生き残る力強さを感じさせています。

(撮影: 2009.4.9 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)

〔参考〕
 アケビは、なんといっても、あの独特な実の方が、より親しまれています。
昨年の秋のようすを、このブログのつぎの過去記事で、ご覧いただけます。
http://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/2008-11-14
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナシの花 [草や木そして花]

090407nashi01.jpg
 あちこちで、サクラが多くの人々を魅了し、
また盆地の各地で、ピンクの絨毯を広げたようなモモの花が咲き乱れるこの時期に、
ナシも、静かに花を開かせています。

090407nashi02.jpg
 ナシもバラ科(ナシ属)なので、サクラ(サクラ属)やモモ(サクラ属)と
同じような花の作りになっていますが、柄が長めになっています。

090407nashi03.jpg
 公園(植物園)の中に植栽されたナシの木でありました。

(撮影: 2009.4.7 甲府市下向山町・曽根丘陵公園にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナツグミの花 [草や木そして花]

090407natsugumi01.jpg
 ナツグミの花を見ました。
もっとも、はじめは何の花か、わからなくて・・・
家に帰ってから、図鑑とにらめっこ。

090407natsugumi02.jpg
 図鑑の説明では、白い花弁のように見えるのは、
実は顎が変化したものだとか。

090407natsugumi03.jpg
 ナツグミは、生け垣状に、植えられていました。

(撮影: 2009.4.7 甲府市下向山町・曽根丘陵公園にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感