So-net無料ブログ作成

ナツアカネの産卵 [蝶などの虫のなかま]

100925natusuakane01.jpg

 このシーズン、ナツアカネの目撃は、少なかったように思われます。

100925natusuakane02.jpg

 そんなナツアカネの産卵の場面を見ることがありました。

100925natusuakane03.jpg

 収穫の終わった水田の、刈り取り後に、空中から卵を産み落としていきます。

(撮影:2010.9.25 市川三郷町宮原にて)



[ひらめき]これまでの「ナツアカネの産卵」の記事
[1]「ナツアカネの産卵」2009年10月3日撮影
  http://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/2009-10-18
[2]>「ナツアカネの産卵」2008年10月19日撮影
  http://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/2008-10-21
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

貫禄のトノサマバッタ [蝶などの虫のなかま]

100925tonosamabatta01.jpg

 トノサマバッタです。
立派なお姿をしていて、殿様の名にふさわしい感じがします。
農道の路面での観察ですが、過去にもトノサマバッタの同様な記録があります。

(撮影:2010.9.25 市川三郷町宮原にて)


[ひらめき]過去のトノサマバッタの記事
[1]「トノサマバッタの秋」 2008年10月24日
[2]「トノサマバッタ」 2008年9月27日
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恋の季節か、イチモンジセセリ [蝶などの虫のなかま]

100920itimonjiseseri04.jpg

 マルバハギの花で吸蜜するイチモンジセセリです。
この時期、よく見かける光景です。

100920itimonjiseseri01.jpg

 今回、そうした吸蜜するイチモンジセセリの姿以外に、ちょっと変わった光景が見られました。
マルバハギの枝で休む1頭のイチモンジセセリ。
その下の方から、別な個体が近づいてきました。

100920itimonjiseseri02.jpg

 最初のを押し上げるような仕草をしていました。

100920itimonjiseseri03.jpg

 そうこうしているうちに、他のもやってきて、押しくらまんじゅうみたいになりました。
解釈ですが、はじめのは、おそらくメスで、1頭のオスが求愛行動をはじめたところ、
別なオスがやってきて、メスの取り合いになった・・・のではないでしょうか。

(撮影:2010.9.20 笛吹市一宮町・金川の森にて)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花も実もある・・・ヤブラン [草や木そして花]

100920yaburan01.jpg

 花が咲いて、花が散って、実が付いて・・・。
でもヤブランは、とくに今年のヤブランは、花の時期が長く、
先に咲いたのは、もう実になっていました。
緑色をしたのは、やがて黒色になるまで熟していきます。

(撮影:2010.9.20 笛吹市一宮町・金川の森にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハギの花、いろいろ [草や木そして花]

100920shirahagi01.jpg

 シラハギの花です。シロバナのハギとも呼ばれるようです。

100920kihagi01.jpg

 こちらは、白をベースに紅色が。
キハギに似ているけど、あまり黄色くない。

100920marubahagi01.jpg

 それからポピュラーなマルバハギです。

 ハギも昔から日本人に好まれてきた秋の花ですね。
そのため、いろいろ園芸的に改良されたものが多く、
種名を言い当てるのが難しいように思われます。
いずれも「金川の森」公園に植栽されていたものです。

(撮影:2010.9.20 笛吹市一宮町・金川の森にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モズの季節、きました・・・ [鳥やけもの]

100920mozu01.jpg

 別にモズが渡りをしているとか、そういうことではなくて、
急に存在感を示し始めてきているように思える・・・という趣旨の話題です。
 この写真のように、遠くにいても、あの独特な鳴き声や、仕草など
ずいぶんと目を惹くことが増えてきました。

100920mozu02.jpg

 橋の上から、河川敷に伸びている木の枝にとまっているモズを撮影したものですが、
距離が詰められなくて、少し位置を変えてみたのですが、
背景が明るいため、マニュアルで適当に撮影したら、こんなものになってしまいました。
(きっと、近いうちにもっといい写真をご覧に入れることができるのでは・・・。
  今回は、こんなものでお許しを・・・ )

(撮影:2010.9.20 笛吹市一宮町・金川の森にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コゲラ、コゲラ・・・ [鳥やけもの]

100920kogera01.jpg

100920kogera02.jpg

100920kogera03.jpg

100920kogera04.jpg

100920kogera05.jpg

 多く言葉を必要としない・・・というより、出てこないのです。
「金川の森」公園で見たコゲラたちでした。

(撮影:2010.9.20 笛吹市一宮町・金川の森にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

君はイナゴかバッタか [蝶などの虫のなかま]

100920inagoorbatta01.jpg

 ワンショットのみの出遭いでありました。
一目見たとき、イナゴの仲間かしら、と思いました。
ツチイナゴか、と思ったのですが、少しようすが違うかも・・・。
それならバッタの仲間か・・・、わからない。
もっと証拠を集めなくては、正しいお名前突き止められません。

(撮影:2010.9.20 笛吹市一宮町・金川の森にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒガンバナ、咲き始めた・・・ [草や木そして花]

100920manjushage01.jpg

 ヒガンバナの花が見られるようになりました。

100920manjushage03.jpg

 暗い林床に、点々とヒガンバナの株が見られましたが、
木漏れ日が当たって、ハッとするような美しさがありました。

100920manjushage02.jpg

 まだつぼみの多い株も見られました。

100920manjushage04.jpg

 筆の先のようにツンとしたつぼみだけの株もありました。
こちらは、そのとがった先で、落ち葉を突き上げていました。
この夏の暑さの名残の落ち葉です。

(撮影:2010.9.20 笛吹市一宮町・金川の森にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イトトンボの一種ですが・・・ [蝶などの虫のなかま]

100919itotonbo01.jpg

 どうもイトトンボの仲間は、まあトンボ全般もそうですが、同定が難しくて、
自己流では、セスジイトトンボかと思うのですが。
富士五湖の1つ、河口湖の北岸の大石公園内の、岸辺近くの草むらで見たものです。

(撮影:2010.9.19 富士河口湖町大石・大石公園にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このヘクソカズラは“赤花?” [草や木そして花]

100918hekusokazura01.jpg

 ずいぶんと赤味があるヘクソカズラの花を見ました。
5つに別れた花弁の先は、強く巻き返しが見られます。

100918hekusokazura02.jpg

 花もそうですが、つぼみも赤味が強いですね。

100918hekusokazura03.jpg

 このヘクソカズラには、もうたくさんの若い実ができているのも観察されました。
個体の個性で赤味があるのか、時期的にこんな頃なので赤くなるのか、
ともかく謎めいたヘクソカズラでありました。

(撮影:2010.9.18 富士川町青柳にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマトリカブトの花 [高地・高原の自然]

100917yamatorikabuto01.jpg

 木漏れ日を受け、明るく見ることが出来たヤマトリカブトの花です。

100917yamatorikabuto02.jpg

 ヤマトリカブトは、山地の林床などに生えるキンポウゲ科の多年草。
毒性のある植物として知られています。
今回のは、標高1700mの富士北麓の2合目の登山道で見たものです。

(撮影:2010.9.17 富士吉田市<富士河口湖町の飛び地>・富士山2合目にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギンヤンマの産卵 +α [蝶などの虫のなかま]

100911ginyanma02.jpg

 風の強い状態でしたが、それでもがんばっていました。
水面に垂れ下がっていた柳の枝先にしがみついて・・・ギンヤンマの産卵です。

100911ginyanma01.jpg

 上の方が、オスのギンヤンマ。
下の方のメスが、お腹を水面に沈め、水草などに卵を産み付けているのです。

100911ginyanma03.jpg

 もうちょっと近づいて・・・失礼ながら、よろしくとお願いしながらでした。
で、こんなふうに近づいた写真をあらためてよく見ると、なんとメスの左側に別なトンボらしいものが・・・。

100911ginyanma03a.jpg

 おまけ情報となりますが、もう1つのトンボに焦点を切り替えです。
もちろん現場では、少しも気付きませんでしたので、少しもうまいこと写っていませんが。

100911ginyanma04.jpg

 こちらは主題のギンヤンマの産卵シーンの続きです。
でも、このカットでもプラス・アルファの方に目がいってしまいがち・・・。

100911ginyanma04a.jpg

 そこで、また脇役に焦点を、どうやらアオハダトンボではないかと思われます。
きっとメスの個体が、ギンヤンマ同様に産卵をしにきていたのかと・・・。


100911ginyanma05.jpg

 場所を移して産卵を続けた後、一休みの状態です。

100911ginyanma06.jpg

 手前のオスの顔の下の方に、メスの顔もぼんやり見えています。
たいへんお疲れ様です、と重ねて声を掛けました。

(撮影:2010.9.11 南アルプス市西南湖・甲西ふれあい公園にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お寺さんの境内のフシグロセンノウ [草や木そして花]

100905fushigurosennou01.jpg

 少し里山の中に入って営まれているお寺さん。
周辺は自然たっぷりです。
たっぷり過ぎて、ちょっとたいへんなことも・・・。
境内のあちこちが掘り返されていて、どうやら夜な夜な活躍するイノシシの仕業。
そんな場所で、イノシシにも痛めつけられず、楚々として咲いていたフシグロセンノウです。

(撮影:2010.9.5 韮崎市円野町・宗泉院境内にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オオシオカラトンボのオスです [蝶などの虫のなかま]

100905ooshiokaratonbo01.jpg

 オオシオカラトンボのオスを見ました。

100905ooshiokaratonbo02.jpg

 シオカラトンボとよく間違えられますが、
全体的に、大きめでがっしりした感じがします。
また翅の付け根の部分に、濃い紫のような色が付いています。

100905shiokaratonbo01.jpg

 こちらは、同じ時間に、そのすぐ近くで見たシオカラトンボのオスです。
少々わかりにくい写真でありますが、両者の違いを見比べてみてください。

(撮影:2010.9.5 韮崎市円野町・宗泉院境内にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニラの花で吸蜜するキタテハです [蝶などの虫のなかま]

100904kitateha01.jpg

 今年の夏は、いつになく暑い夏になりました。
秋の訪れも影を潜めてしまっているような感じがします。
でも、こんなふうな形や光は、やさしい秋といえるものです。

(撮影:2010.9.4 甲府市梯町にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過接近、ノシメトンボ [蝶などの虫のなかま]

100904noshimetonbo02.jpg

 山間の水田は、有刺鉄線で囲まれていました。
有害鳥獣の侵入を阻むためです。この場合、それはとくにイノシシ。
そんな有刺鉄線にノシメトンボがとまっていました。

100904noshimetonbo03.jpg

 でも、距離が近すぎて、おまけに暗いし・・・、
うまく撮れません。近ければいい、というものでもないようです。

(撮影:2010.9.4 甲府市梯町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノシメトンボの産卵 [蝶などの虫のなかま]

100829noshimetonbo01.jpg

 やや危ないところもありますが、おそらくノシメトンボです。
芦川渓谷、山間の、収穫を目前にした水田の上で、産卵活動をしていました。

(撮影:2010.9.4 甲府市梯町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イタドリの花 [草や木そして花]

100829itadori01.jpg

 クリーム色の簾のような花、イタドリの花です。

100829itadori02.jpg

 図鑑で見るイタドリの花は、みんな上に花穂が伸びていくのに、
どうしたことか、まるでフジの花みたい・・・。

100829itadori03.jpg

 葉を見ると、確かにイタドリでありましたが・・・。
それに上向きのものもあるにはあるのです。

(撮影:2010.9.4 甲府市梯町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツリガネニンジンの花 [草や木そして花]

100829tsuriganeninjin01.jpg

 秋の色、ツリガネニンジンの花です。

(撮影:2010.8.29 山梨市切差・帯那山山頂付近で)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タチフウロ、じっくり [高地・高原の自然]

100829tachifuuro01.jpg

 タチフウロの花です。
帯那山で見ました。8月~9月を盛りにする高原の花です。
(画像クリックすると別画面での拡大写真がご覧いただけます)

 花はゲンノショウコよりずっと大きく、2.5~3cm、花弁は淡紅色で基部に白毛が密生、
数本の色の濃い太い脈があって、脈はほとんど枝を分けない特徴をもつ。
花柱分枝は長さ5~6mm、花柱より長い。
(以上は、長田武正『野草図鑑⑥ おきなぐさの巻』保育社、1984 による花の特徴の詳説です)

(撮影:2010.8.29 山梨市切差・帯那山山頂付近で)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オニヤンマ、じっくり [蝶などの虫のなかま]

100829oniyanma03.jpg

 オニヤンマを見ました。

100829oniyanma01.jpg

 枯れススキの茎にとまっていました。
こんなふうにとまっているのを見ることなんて、ほんとに希なこと。
なので、じっくり見てしまいました。

100829oniyanma02.jpg

 なかなか動かないのをよいことに、ここまでクローズアップです。
(この画像は、クリックすると拡大画像が別ぺージで表示されます)

(撮影:2010.8.29 甲府市上積翠寺町にて)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キンミズヒキの花 [高地・高原の自然]

100829kinmizuhiki01.jpg

 キンミズヒキの花、秋の花ですね。

100829kinmizuhiki02.jpg

 今回は、少しもうまく撮れませんでしたので、数で勝負です。

(撮影:2010.8.29 甲府市上積翠寺町にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユウガギクの花と・・・ [高地・高原の自然]

100829yuugagiku01.jpg

 近畿以北の山野によく見られるユウガギクの花、秋の訪れを伝えてくれるように、
やさしい色をして咲いていました。

100829yuugagiku01hanagumo.jpg

 一部だけ画像の原寸データから切り出してみました。
ユウガギクの花の中にかくれるように、ハナグモが潜んでいるのが確認されました。
もちろん花を撮っているときは、少しも気付きませんでしたので、
ピントは合っていませんが・・・。

(撮影:2010.8.29 甲府市上積翠寺町にて)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シシウドの花 [高地・高原の自然]

100829shishiudo04.jpg

 林縁にシシウドを見ました。

100829shishiudo03.jpg

 後ろが暗い場所で、花にだけ光がありましたので、
花火みたいな写真になりました。

100829shishiudo01.jpg

 もうちょっと大きく見ましょう。
シシウドは、セリ科の植物なので、セリの花のようすに似ています。
大宇宙の中に小宇宙があって・・・みたいになっています。

100829shishiudo02.jpg

 小宇宙の中の一つひとつの星は、こうです。じゃなくて
一つひとつの花は・・・です。

(撮影:2010.8.29 甲府市上積翠寺町にて)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツリフネソウの花、キツリフネの花 [高地・高原の自然]

100829tsurifuneso01.jpg

 ツリフネソウの花です。
花の後ろ部分が、くるくるっと丸まっているのがポイント。
光が足りなかったので、ストロボ発光させています。

100829tsurifuneso02.jpg

100829tsurifuneso03.jpg

 後の2点は、スローシャッターでストロボなしでの撮影、何とか撮れました。
横から見ると、大きく口を開く怪物の顔みたいな形に見えます。

100829kitsurifune01.jpg

 同じ場所に、キツリフネも咲いていました。

100829kitsurifune02.jpg

 キツリフネの場合は、花の後ろの部分(距)がくるくるっとなりません。

(撮影:2010.8.29 甲府市上積翠寺町にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フシグロセンノウの花 [高地・高原の自然]

100829fushigurosennou01.jpg

 林道のような県道を車で登っていたときのこと、視界に飛び込んできたこの色。
あっ、まだフシグロセンノウが咲いている・・・。
あわてて、適当な場所に車を止めて撮影しました。
日が当たらない場所、ひどく光が足りない、で、ストロボ撮影とあいなりました。

(撮影:2010.8.29 甲府市上積翠寺町にて)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シロエニシダ(?)の花 [草や木そして花]

100829shiroenishida01.jpg

 マメ科の特徴を備えた、草本ではなく木本と思われる植物を見ました。
手元の樹木図鑑(林 弥栄ほか監修『原色樹木大図鑑』北隆鑑 1985、※図はその異体字)で
マメ科のものを片端から検討して得られた答えは、シロエニシダでありました。

100829shiroenishida02.jpg

 エニシダの一種といわれると、そうだなあと思われますが、
シロエニシダの特徴の一つとして、3出複葉というのが図鑑に出ていました。
この写真の中ほどの上側の部分に、それが確かに認められます。

100829shiroenishida03.jpg

 シロエニシダの花の時期は、6~7月とされていますので、どうなんだろうと思われますが・・・。
ともかく、マメ科の植物の花を撮影するのは、難しいものです。

(撮影:2010.8.29 甲府市上積翠寺町にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感