So-net無料ブログ作成

リンドウの花 [高地・高原の自然]

101011rindou01.jpg

 リンドウの花が1つ、ぽつんと咲いていました。
そのリンドウの花に、お客さんです。

101011rindou02.jpg

 ホソヒラタアブでしょうか。花が大好きなハナアブの仲間です。

101011rindou03.jpg

 お客さんは、お帰りになり、再び静かに咲いてるリンドウの花でした。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今ごろのヤマハハコ [高地・高原の自然]

101011yamahahako01.jpg

 ヤマハハコです。
日当たりのよい高原に見られるキク科の一年草です。

101011yamahahako02.jpg

 花の時期は、8~9月とされていますので、今の時期は、ドライフラワーみたいに思えました。
もっとも、白いのは、花びらではなくて、総苞片で、花の時期から、かさかさした存在だそうです。
中心部の、いまは茶色っぽくなっている部分が、ほんとの花の部分です。

101011yamahahako03.jpg

 よく見ると、今の時期も、なかなかいいもんですね。

101011yamahahako04.jpg

 全体像を写しました。
前回に取り上げたクマザサがかぶっていて、少々わかりにくいですが・・・。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クマザサ [高地・高原の自然]

101011kumazasa01.jpg

 山に行くと、少しも珍しい存在ではないですが、
このとき、とりわけ美しく感じたので、そっと撮影してしまいました。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノハラアザミ [高地・高原の自然]

101011azami01.jpg

 ノハラアザミの花、でしょうか。
ノアザミか、迷いましたが、いま咲くということと、
総苞片が針のようにとがっているところから、ノハラアザミだろうと・・・。
この花、いろいろな虫に好まれているみたいです。

101011azami02.jpg

 この個体は、あまり草丈が高くなかったです。
標高1600m余り・・・、あるいはそのせいでしょうか。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マユミの実 [とくに種や実など]

101011mayumi01.jpg

 今度は、マユミの実です。

101011mayumi02.jpg

 いい、色をして、いっぱい枝から下がっていました。

101011mayumi03.jpg

 ネームプレートありました。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ズミの実 [とくに種や実など]

101011zumi01.jpg

 小さな実がいっぱいについている木に出くわしました。
よく見ると同じ木が何本もありました。
何ていう名前の木なんだろう・・・。

101011zumi04.jpg

 名札が立っていました。「ズミ群落」とあります。

101011zumi02.jpg

 そう、この木はズミだったのです。
バラ科・・・、そしてもっと細かくいえばリンゴ属。

101011zumi03.jpg

 確かに、実の形、リンゴのちっちゃいヤツみたいな形をしてますね。
でも、ズミにはコナシという別称があって、漢字で書くと「小梨」
ナシのちっちゃいヤツといった方がいいのかも・・・。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)

 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマラッキョウの花 [高地・高原の自然]

101011yamarakkyou01.jpg

 標高約1670mの甘利山で見たヤマラッキョウの花です。

101011yamarakkyou02.jpg

 ネギとかニラとかに、花の造りは似ていますが、色が独特で、きれいです。

101011yamarakkyou03.jpg

 ウラナミシジミが、吸蜜に来ていました。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう1つサトイモ科の植物の実 [とくに種や実など]

101011satoimoka01.jpg

 前回のマムシグサの実に、とてもよく似ています。
でもご覧いただいておわかりになるように、日が当たって、
赤く輝いています。
マムシグサは、暗い場所に見られるので、種が違うのではないかと思われます。
生育環境だけでなく、実のかたまりの形も違いますし、葉の形も違うようですから。
あるいは、ムサシアブミかとも思われますが、確かな確証はありません。

101011satoimoka02.jpg

 こんなふうに開けた草地に、いくつも点在して見られました。

101011satoimoka03.jpg

 遠くに富士山が望める、こんなステキな場所にそれは見られたのです。
種名は不明のママ、「サトイモ科の植物」としておきます。

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マムシグサの赤い実 [とくに種や実など]

101011mamushigusa01.jpg

 マムシグサの実が赤くなってきていました。
タイトルに「赤い実」とこだわったのは、このブログで以前、
まだ緑色をした段階のをのせているからです。
その記事のURLは次のとおりです。よろしければご参照ください。
[かわいい] http://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/2008-07-22-1

(撮影:2010.10.11 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユキザサの実 [とくに種や実など]

101010yukizasa01.jpg

 今日、プチお山登りして、ユキザサの赤い実を見ました。
少し光が足りなかったので、このカットは、ストロボ発光をさせています。

101010yukizasa02.jpg

 見たのは、こんな環境。
御坂山地の中にある新道峠に通じる山道です。
この山道の両側に見られました。

101010yukizasa04.jpg

 こちらは、ストロボを使わずに、少し感度を上げての撮影でした。
林の中をすり抜けてくる太陽の光が、わずかにユキザサを照らしていて、
自然な光の中で、透明感のある実がきれいに見られました。

101010yukizasa03.jpg

 このように、いくつも付いているのもありました。
ちょっとおいしそうですね。

(撮影:2010.10.10 笛吹市芦川町にて)
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キンモクセイ、香りとともに [草や木そして花]

101003kinmokusei01.jpg

 この花の存在は、その色もありますが、まずはその香り。
少し離れたところでも、鼻腔に飛び込んでくる存在情報から、
思わず「近くにキンモクセイが咲いている、どこだろう」と、探してしまいます。

101003kinmokusei02.jpg

 とても親しみのある花ですが、その期間が短くて、
だから咲いてる間は、じっくりと楽しみたいと思います。

(撮影:2010.10.3 南アルプス市西南湖・甲西ふれあい公園にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感