So-net無料ブログ作成

電線にとまるホオジロ [鳥やけもの]

110129hoojiro01.jpg

 電線にとまっていたホオジロです。

110129hoojiro02.jpg

 近くにもう一羽いました。カップルでしょうか。

(撮影:2011.1.29)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石の隙間に咲いたノボロギク [草や木そして花]

110129noborogiku01.jpg

 甲府市横根町からその隣の桜井町にかけて、甲府盆地北部の山地に山裾部は、
石の名産地ともいえる場所。
ここには、石が大きなものから小さなものまでふんだんにあります。
ブドウ畑の隅の石の集まり・・・その隙間に、ノボロギクが咲くのが見られました。

(撮影:2011.1.29 甲府市横根町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一段と枯れススキ [とくに種や実など]

110129karesusuki03.jpg

 よくある枯れススキですが・・・。

110129karesusuki04.jpg

 今の時期になると、一段と枯れが進んでいて(?)というのもヘン。
種子が飛び散って、軸だけになってきつつあります。
おもしろい模様になってますよ。

110129karesusuki01.jpg

 こうして見るとさらにその様子がわかりますが・・・。

110129karesusuki02.jpg

 さらに拡大して・・・と。
中央に付いているのが十分に熟している種子。
右手には種子が散った跡が・・・。

(撮影:2011.1.29 甲府市横根町にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんどはメス? [鳥やけもの]

110129ruribitaki01.jpg

 ジョウビタキのメスかと思いながら撮影したものは、
やけに尾の羽が青っぽい。

110129ruribitaki02.jpg

 ジョウビタキのメスかなと思ったのは、こんなようすから。

110129ruribitaki03.jpg

 でもジョウビタキだとメスでも、翼に小さな白斑があるのに、それが明瞭ではないので、さて。
尾が青いことから考えてルリビタキのメスかしら。
手元の図鑑では、ルリビタキはオスばかり。ネットで検索してみると、やはりルリビタキのメスだと確信を持つに至ったしだいです。

[ひらめき] 今回の記事を書くのに辺り、Yahoo!オンライン野鳥図鑑を参考にしました。

(撮影:2011.1.29 甲府市桜井町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はじめてのルリビタキ [鳥やけもの]

110128ruribitaki01.jpg

 初めて、この鳥、見ました。
ルリビタキです。
本来は、高山に棲む鳥なのだそうですが、
冬は、樹木の多い公園にもやって来るそう・・・。

(撮影:2011.1.28 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

群雀 [鳥やけもの]

110122suzume01.jpg

 群雀は「むらすずめ」と読むそうです。
こんなふうに群れている状態をいうのでしょうか。

110122suzume02.jpg

 上の写真のいちばん左手のやつです。
なんかちょっとえらそう・・・。

110122suzume03.jpg

 少し位置を変えて撮りました。なかなか、群れがくずれません。
こんなふうにスズメを見ることは、なかなかないですね。

(撮影:2011.1.22 甲州市塩山藤木にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒヨドリの恋の駆け引き(?) [鳥やけもの]

110122mukudori01.jpg

 果樹園の中、地表に2羽のヒヨドリがいました。
初め、何をしているのかわからず、とりあえずシャッター切ったのです。
後で写真をじっくり見て思うには、右のうずくまっているのがメス。左がオスではないかと。
何か感じ取ったのか、次の瞬間・・・。

110122mukudori02.jpg

 メスと見た方が、サッと飛び去ってしまいました。
その様子を追いかけたのですが、少しもピントが合っていません。
でも、この写真は、ヒヨドリの恋の駆け引きがおぼろげだったという
そんな結果を残したことを物語るのには、感覚的かなと思い、あえて採用しました。

(撮影:2011.1.22 甲州市塩山藤木にて)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

でも、オオイヌノフグリが [草や木そして花]

110122ooinunohuguri01.jpg

 前回の厳しく氷が見られた場所のすぐ近くで、
こんなオオイヌノフグリがいっぱい見られる場所もありました。
決してすご~く寒い場所ではないよ・・・と語りかけてくれました。

110122ooinunohuguri02.jpg

 こんなオオイヌノフグリの花を見るたびに思うことがあります。

  これは花ではなくて、アンテナ! はるばると おおいぬ座のアルファ星の周りを回る
  地球とよく似た星フグリーナからやって来た宇宙人たちが、本国と通信するための
  アンテナなんだよう・・・。


110122ooinunohuguri03.jpg

 なんともメルヘンの世界に咲くお花であります。

(撮影:2011.1.22 甲州市塩山藤木にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ど根性菜の花 [季節の話題]

110122koori01.jpg

 冷たい水が流れているのでしょう。
流れに段差があり、滝のようになっているところでは、飛沫が凍りついてました。

110122koori02.jpg

 暗渠の出口にも、小さなつららや氷が・・・。

110122koori03.jpg

 強い流れを利用した水車が見られましたが、そこにも氷がいっぱい。
大寒ならではの光景です。

110122nanohana01.jpg

 そんな用水路の石積みの目地に、アブラナ科の植物が根を下ろし、花も咲かせようと・・・。

110122nanohana02.jpg

 川の中のゴミの対流か所にも、ど根性の菜の花が・・・。

(撮影:2011.1.22 甲州市塩山藤木にて)
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブドウ棚のツグミ [鳥やけもの]

110123tsugimi01.jpg

 今日の肌寒い午後に、ブドウ棚のブドウの枝にとまったツグミを見ました。

110123tsugimi02.jpg

 背の羽色に赤味が強く、周りの冬枯れのブドウの枝々に、溶け込んでしまいます。
ブドウ園が多く見られる山梨ならではの光景といえるでしょうか。

(撮影:2011.1.23 笛吹市石和町砂原にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日溜まりのタンポポ [草や木そして花]

110122tanpopo01.jpg

 1月20日に大寒、2月4日の立春を迎えるまでのこの時期は、いちばん寒い時期。
まさに真冬と呼べるこの時期に、日溜まりでは、タンポポの花が見られます。
でも他の季節と違って、タンポポの花は、地表すれすれに咲いていました。

(撮影:2011.1.22)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シジュウカラの群れ [鳥やけもの]

110116shijukara01.jpg

 シジュウカラです。

110116shijukara02.jpg

 冬枯れの雑木林の縁で、いくつかが群れているのを見ました。

(撮影:2011.1.16 甲府市桜井町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この植物は何だと思いますか? [草や木そして花]

110116higanbana01.jpg

 ある神社の境内の杉の木の根元に見られた、青々とした植物。
これは、今ごろのヒガンバナの姿です。

(撮影:2011.1.16)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カシラダカとホオジロと [鳥やけもの]

110115kashiradaka01.jpg

 河原の枯れ草の茂みの中に、カシラダカが動いている姿が見られました。

110115kashiradaka02.jpg

 河原の枯れ草の茂みの中に、ホオジロの姿がとまっているのが見られました。

 どちらもホオジロ科の野鳥。とてもよく似ていて、見分けが難しいですね。
おまけに、どちらも、落葉したノイバラの茎にとまっていましたよ。

(撮影:2011.1.15 笛吹市 笛吹市石和町砂原の浅川左岸堤防にて)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

でかいばか [草や木そして花]

110116sendangusa01.jpg

 甲府盆地では、よく“ばか”と呼ばれるセンダングサ。
前回のジョウビタキの写真にも、まわりにボケて写っていました。

 それが、耕作が停止した状態のブドウ園に生えていたのですが、
ブドウ棚を突き抜けてずっと高く伸びていたようです。
3m近くもあったのではないかしら。
実に、ばかでかいセンダングサを見かけたのです。

(撮影:2011.1.16 甲府市桜井町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石の上にも・・・ジョウビタキ [鳥やけもの]

110116jobitaki01.jpg

 ちょっと距離があり、鮮明ではありませんが、ジョウビタキの雄、
地表に露出した岩の上にとまっていました。
この辺りは、石の名産地・・・。
「石の上にも三年」といいますが、3分もいなかったジョウビタキをスケッチしました。

(撮影:2011.1.16 甲府市桜井町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

荒川で見たコチドリ [鳥やけもの]

110103kochidori01.jpg

 そこそこの川幅のある対岸に見られたコチドリ。
距離が詰め切れなかったので、少し大まかですが、
甲府の荒川のコチドリ、スケッチしてみました。

110103kochidori02b.jpg

 少しこちらに顔を向けてくれました。

110103kochidori03.jpg

 しばらくして、浅瀬の水面に長いくちばしをつき入れて
何か、ごちそう、うまくつかまえられたでしょうか。

110103kochidori04.jpg

 そうこうしているうちに、後の方から、ハクセキレイがやって来て
こうして並んだのを見ると、よく見かけるハクセキレイに比較して、少し大きいぞ!
とコチドリの大きさが、よくわかりますね。

(撮影:2011.1.3 甲府市高畑3丁目・荒川右岸河川敷にて *コチドリは左岸)



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

荒川で見たコガモ [鳥やけもの]

110103kogamo01.jpg

 川の流れの浅い部分で、雌雄のコガモが頭を水の中に付けて
何やらついばんでいるようでした。

110103kogamo02.jpg

 しばらくして、こちらのオートフォーカスの赤外波を気にしてか、
上流方向に、いっせいに飛び立っていきました。

110103kogamo03.jpg

 すこし上の堰を越えて、水深の深い部分に着水しました。

110103kogamo04.jpg

 かなり距離をおきながらの観察です。

110103kogamo05.jpg

 そのうち、あちらから近寄ってきてくれました。
雌のコガモの泳ぐ姿、周りの水面と混じり合って、あたかも保護色みたいです。

(撮影:2011.1.3 甲府市高畑3丁目・荒川河川敷にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノスリ 飛び立つ [鳥やけもの]

110114nosuri01.jpg

 今日(2011年1月15日)、笛吹市の浅川で見た、落葉したニワウルシの木にとまるノスリです。

またも続きがあります。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

荒川で見たコサギ [鳥やけもの]

110103kosagi03.jpg

 1月3日に、甲府市の荒川で見たコサギです。

もう少し・・・続きがあります


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんな時期に水浴びするのはだれ? [鳥やけもの]

110103tsugumi01.jpg

 川の浅瀬で、バシャバシャしているのがいました。
今年の冬は一際冷え込みが・・・。
「そんなことはニンゲン様だけ! おれたちには、関係ない!」って? 

110103tsugumi02.jpg

 水も滴るよい鳥さんは、いったいだれ?

110103tsugumi03.jpg

 わかりました、わかりました。ツグミでありました。
キリリとしてますよ、寒中水浴のおかげ?!

(撮影:2011.1.3 甲府市高畑3丁目の荒川河川敷にて)
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今ごろのコウヤボウキ [とくに種や実など]

110108kouyabouki01.jpg

 キク科コウヤボウキ属の植物で、1年目の茎に花が付きます。
冬は葉が枯れて、細長い茎とその先の実が目立ちます。

110108kouyabouki02.jpg

 キク科なので、花は、いくつかの小花が集まって咲き、
実の時期には、タンポポのそれのようになります。
ここでは、小花の花殻が残っているようです。

110108kouyabouki03.jpg

 松林などの林床に見られるもので、木本で、落葉低木とされいますが、
2年目の茎は、秋に枯死してしまうので、それ以上にはならないそうです。

 この冬の時期の落葉した茎を苅り集めて、昔は、箒(ほうき)を作ったものです。
高野山で箒づくりが始まったので、この名があるといわれています。

(撮影:2011.1.8 山梨市万力にて)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホトケノザがきれいに・・・ [草や木そして花]

110108hotokenoza01.jpg

 ホトケノザの花がきれいに咲いていました。
前々回の、トラツグミが草むらに埋もれてる場面の写真でも
手前に写っていましたが、これもその近くで見たものです。

110108hotokenoza02.jpg

 仏さまのお座りになる蓮華座のような雰囲気が、あらためて感じられました。

(撮影:2011.1.8 山梨市万力にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カワラヒワに関する思い違い [鳥やけもの]

110108kawarahiwa03.jpg

 電線にとまるカワラヒワのこと、昨日の記事にしましたが、
あらためて、ブログ内検索をしたところ、次のような過去記事が確認されました。

[1] 2011年01月09日 並んだカワラヒワたち
[2] 2009年12月19日 サクラの木に群れていたカワラヒワ
[3] 2009年08月01日 ヒマワリの実をついばむカワラヒワ
[4] 2009年02月07日 違和感をもつカワラヒワ
[5] 2008年05月14日 河原にカワラヒワ
[6] 2008年02月06日 カワラヒワ・・・ネコヤナギの枝にとまる・・・
[7] 2007年12月01日 カワラヒワ・・・電線にとまる・・・

 ということで、ずっと以前、電線に群れているカワラヒワを目撃しているのでありました。
たいへん失礼しました[ふらふら]

(写真:2011.1.8 山梨市万力にて)
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トラツグミでした [鳥やけもの]

110108toratsugumi01.jpg

 おや、頭だけ見えました。

110108toratsugumi02.jpg

 やはり、あれですね。トラツグミでしょう。
ここでは、それ以上無理でしたが、別なところで・・・。

110108toratsugumi03.jpg

 お姿の全体を拝見。トラツグミです。
ツグミよりも少し大きいでしょうか。

(撮影:2011.1.8 山梨市万力及び山根にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

並んだカワラヒワたち [鳥やけもの]

110108kawarahiwa01.jpg

 電線にたくさんの野鳥が並んでいました。スズメかな、違うな。
よく観察するとそれは、みなカワラヒワでした。

110108kawarahiwa02.jpg

 電線にとまってるカワラヒワ、初めてじっくり見ました。

(撮影:2011.1.8 山梨市万力にて)
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感