So-net無料ブログ作成

ネギの花 [草や木そして花]

110424negi01.jpg
 春には、いろいろな植物が花を咲かせますが、
このネギだって例外ではありません。
えっ、ネギに花が咲くのですか・・・ですって!
ええ、咲きますとも。

110424negi02.jpg
 始めに見た葱坊主(ねぎぼうず)、それはたくさんの花の集まりを
覆っている白い半透明のカバーが擬宝珠(ぎぼし)に見えたことからその名がつき、
擬宝珠が坊主に転訛したものといわれます。
それが破れてネギの花が咲き出しました。

110424negi03.jpg
 小さな花の集まりだということがご理解いただけるでしょうか。
長いしべがいっぱい目立ちます。

(撮影:2011.4.24 笛吹市八代町岡にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アケビの花 [草や木そして花]

110423akebi03.jpg
 そういえば、この前の土曜日、雨の中で、
アケビの花を観察していたことを思い出しました。

110423akebi01.jpg
 こちらが、雌花です。

110423akebi02.jpg
 それから雄花です。
前回のミツバアケビに似ていますが、違うところも・・・。

(撮影:2011.4.23 笛吹市御坂町上黒駒にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミツバアケビの花 [草や木そして花]

110424mitsubaakebi01.jpg
 ミツバアケビの花を見ました。
藪の中に、宝石のように輝く存在に、何だろうなとシャッターを切ったのですが、
その段階では、ミツバアケビの花の存在を知りませんでした。
逆光で赤紫に輝いて見えたのは、雌花。
そして下に房状に下がるのは雄花です。

(撮影:2011.4.24 笛吹市八代町岡にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山吹色のヤマブキの花 [草や木そして花]

110424yamabuki01.jpg
 この時期、野山を歩いて目にするこの花には、何とも力強さが感じられます。
この時期の里山を歩く楽しみの1つとして、この花に出遭うことがあります。
山吹色をしたヤマブキの花、春の陽を浴び、輝いていました。

(撮影:2011.4.24 笛吹市八代町岡にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カキドオシの花 [草や木そして花]

110424kakidooshi02.jpg
 カキドオシの花です。

110424kakidooshi01.jpg
 シソ科カキドオシ属の多年草のカキドオシは、この花が終わる頃に
茎が倒れてつるのようになり、垣根を越えていくほどになることから、この名があるそうです。

(撮影:2011.4.24 笛吹市八代町岡にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミツバツチグリの花 [草や木そして花]

110424mitsubatsuchiguri01.jpg
 最初、キジムシロかと思っていました。
でも、この写真には写っていない、葉っぱのようすを観察したりして、
ミツバツチグリだということになりました。
春野の山には、黄色の花が多いように思われます。

(撮影:2011.4.24 笛吹市八代町岡にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サトザクラの花 [草や木そして花]

110424satozakura01.jpg
 昨日とうってかわって、よいお天気になりました。
低気圧がぬけた後のお決まりとして、風が時折強く吹くようでしたが・・・。
そんな中、笛吹市八代町のふるさと公園で、サトザクラを観察しました。

110424satozakura02.jpg
 八重咲きで大きな花は、重たいせいか、下向きに咲いています。
また赤味を帯びた若葉もいっしょに芽吹いてきているのも特徴のようです。

110424satozakura03.jpg
 うれしいことに、ネームプレートがついていました。
サクラと一口に言ってもいろいろな種類がありますが、それらの違いを理解するのはたいへんで、
こうした説明があると、助かります。

(撮影:2011.4.24 笛吹市八代町・ふるさと公園にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の中の、遅いモモの花 [草や木そして花]

110423momo01.jpg
 今日は、終日雨模様でした。
そんな日に見たモモの花です・・・しずくをたくわえた・・・。

110423momo02.jpg
 モモの花は、甲府盆地では、3月の終わり頃、標高280m前後の底部から咲きはじめ、
徐々に標高の高い場所に開花が移っていき、一番多く見られる標高300mあまりの扇状地地帯で
4月10日頃に満開を迎え、あたかもピンクの絨毯を広げたような、文字どおり桃源郷の出現となります。
でも今年は、そのピークは例年より1週間ほど遅く現れました。

110423momo03.jpg
 ここ笛吹市御坂町上黒駒では、標高が550mオーバーとなり、桃の開花はさらに遅れますが、
全体的に遅れた今年の場合、まだこうした光景が見られました。

110423momo04.jpg
 国道137号に隣接する場所では、モモ畑の道に面したところに、スイセンやナノハナを植え、
モモの花の色がいっそう引き立つように工夫され、見る人をひき付けるようになっています。
でも、せっかくの土曜日でも、雨の中だったので、見学する人はあまり見られませんでした。
ちょっと寂しい、遅れてやってきた桃源郷・・・でありました。

(撮影:2011.4.23 笛吹市御坂町上黒駒にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の小川は [季節の話題]

110422takasaburo01.jpg
 国道358号の甲府市下曽根町地内、その道路脇の水路の中をのぞいてみました。
流れの左右が検知ブロック積みになっているので、
例の「春の小川」[るんるん]のような雰囲気はありませんが、
川底の左右にたまった土砂の部分に草が生い始め、緩やかな水の流れも
その中間部分では少し流速を早め、さらさらという感じでした。
大きく葉を広げ始めているのは、タカサブロウとかオグルマのような湿地を好む植物と見られます。

(撮影:2011.4.22 甲府市下曽根町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

緑のアメリカフウロ [草や木そして花]

110421americafuuro01.jpg
 甲府市の中心にある舞鶴城公園で、
緑色が濃いアメリカフウロを見ました。
はじめ「アメリカフウロが咲き始めた」という
タイトルを考えてみたのですが、よく見ると
実になりかけているのもあって、急遽変更。
冬の間、オレンジ色をしていたりしたものですから、
この緑色に本格的な春を感じたのです。

(撮影:2011.4.21 甲府市丸の内1丁目・舞鶴城公園にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

若葉の頃に [季節の話題]

110420arakawanite01.jpg
 甲府市の中ほどを南北に貫流する荒川(富士川の一支流)。
この川の近辺には、大きなケヤキやエノキが、あちこちに見られます。
それらがいま新緑に彩られ、いい季節になったなぁと感じさせてくれています。

 そんな荒川の河川敷を自転車で移動中、3か所でキジを見ました。
いずれも雄のキジでした。
あの鋭く高い鳴き声と、派手な衣装で、すぐ居場所がわかってしまいます。

(撮影:2011.4.20 甲府市東下条町にて)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感