So-net無料ブログ作成

シャクヤクの花 [季節の話題]

110517shakuyaku01.jpg
 満月を1日だけ過ぎた月明かりの中で、シャクヤクの花が咲くのを見ました。
長時間露光で写し取ることも考えましたが、結局ストロボ撮影となりました。

(撮影:2011.5.18 甲府市下向山町にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

孤独なダケカンバ [高地・高原の自然]

110514dakekanba01.jpg
 [るんるん]このぉ~き なんのき きになるぅきぃー
みたいな木ですから、お名前を確かめておきましょう、初めから。ダケカンバです。

110514dakekanba02.jpg
 まだ新緑はやって来てはいなかったようです。

110514dakekanba03.jpg
 だから、幹肌の輝きがとても印象的でした。

(撮影:2011.5.14 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハウチワカエデの花 [高地・高原の自然]

110514hauchiwakaede02.jpg
 甘利山中の椹池(さわらいけ)の畔で、ハウチワカエデの花を見ました。

110514hauchiwakaede03.jpg
 新緑が萌え始めるとき、新葉の腋から暗赤色のいくつかの花を吊り下げます。

110514hauchiwakaede04.jpg
 その花は、雄花と雌花ないしは両性花からなるそうですが、
これはその両性花でしょうか。

110514hauchiwakaede01.jpg
 ハウチワカエデとは、変わった名前・・・という印象を受けますが、
漢字で表記すると「葉団扇-楓」です。
葉団扇は、あの天狗さんが手にする葉っぱの形のうちわのこと、
ふつうヤツデの葉を指すようですが、それに似た葉の形をしたカエデだということですね。

 やや標高の高い山地の沢沿いなどに見られるカエデ科カエデ属の落葉高木で、
カテゴリは、3回連続で「高地・高原の自然」となりました。

(撮影:2011.5.14 韮崎市旭町上條北割・椹池畔で)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメツガの新緑 [高地・高原の自然]

110514kometsuga01.jpg
 コメツガの木に新緑を見ました。

110514kometsuga02.jpg
 とてもさわやかな印象。
常緑樹なので、同じ針葉樹でもカラマツとは違い、一年中みどり・・・なのであるのですが、
やはりこの時期は、若い緑が目を惹きます。

110514kometsuga03.jpg
 コメツガは、マツ科ツガ属の常緑高木。漢字で表記すると、米栂となります。
恥ずかしい話ですが、これを「べいつが」と読んで、外材の一種だと勘違いしていました。
この記事を書くに当たって調べを進める中で、コメツガは、
九州や四国、本州の山岳地帯に分布する日本の特産種だとの説明に接し、赤面しました。
もっともアメリカ産のツガを「米栂」と表記することがあり、それはコメツガとは別種・・・
との表記もあって、やや混乱。そのへんはちょっと、注意が必要なんですね。

(撮影:2011.5.14 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

甘利山でのカラマツの芽吹き [高地・高原の自然]

110514karamatsu01.jpg
 標高1,700mあまりの甘利山山頂付近では、いま、カラマツの芽吹きの時期を迎えていました。

110514karamatsu02.jpg
 それぞれの枝に、行儀よく新緑を押し出す芽が並んでいました。
でも、それぞれの芽吹きのようすは個性的・・・でありました。

110514karamatsu03.jpg
 もう1つクローズアップして・・・。
何か緑の刷毛みたい。

(撮影:2011.5.14 韮崎市旭町上條北割・甘利山にて)

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウグイスカグラの花 [草や木そして花]

110429uguisukagura01.jpg
 ウグイスカグラの花を見ました。

110429uguisukagura02.jpg
 ウグイスのさえずりが聞かれる頃に、下向きに咲くかわいい花です。

110429uguisukagura03.jpg
 鏡に映った・・・みたいに、並んで咲いているのも見られました。

(撮影:2011.4.29 甲府市羽黒町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クロモジの新緑と花 [高地・高原の自然]

110429kuromoji02.jpg
 甲府市上帯那町の、標高約800m付近の道路脇で観察しました。
クロモジだと思われます(少し自信ありませんが)。

110429kuromoji01.jpg
 クロモジは、クスノキ科クロモジ属の落葉低木で、今の時期に、芽吹きと共に花を咲かせます。
実は、クロモジには雄花と雌花があるそうですが、撮影時は少しも気に留めていませんでした
(樹種さえも理解してなくて)ので、今回の写真では判別はできません。
手元の図鑑の解説によると、クロモジは、高級爪楊枝の材料として利用されているそうです。

(撮影:2011.4.29 甲府市上帯那町にて)

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感