So-net無料ブログ作成

マテバシイ [とくに種や実など]

120225matebashii01.jpg
 マテバシイの実が落ちていました。

120225matebashii03.jpg
 ちょっと視線を上げると、幹とネームプレートに焦点があいました。

120225matebashii02.jpg
 そしてマテバシイの葉です。

120225matebashii04.jpg
 ところでマテバシイの実、おいしい・・・らしい。


(撮影:2012.2.25 甲府市増坪町・市立甲府病院のお庭にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おんもに出たくない? イラガの繭 [蝶などの虫のなかま]

120225iraga01.jpg
 イラガの繭です。
例の病院のお庭での観察で見つけました。

120225iraga02.jpg
 今月の初め(2月3日)にもイラガの繭を取り上げていますが、
そのときのは、既に中のイラガが外に飛び出してしまって、上部ハッチが開いたものでした。
で、今回のはしっかりと閉まったままです。
ということは、まだ中にいらっしゃるのですよ。
[るんるん]モスラ~よ、モスラ~~、なんて歌い出しそう・・・思わず。

(撮影:2012.2.25 甲府市増坪町・市立甲府病院のお庭にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サンシュユのつぼみもほころび初めて [草や木そして花]

120225suzubachi01.jpg
 例の病院のお庭で、サンシュユの花のつぼみも、黄色くほころんできました。

120225sanshuyu02.jpg
 つぼみの中には、小さな花のかたまりが、中がもうきゅうくつだと、
外にお顔を出し始めたのも見られます。

120225sanshuyu03.jpg
 今日もとても寒く、どこまで春が来てるのか、どこかで足踏みしているんじゃないか、
そんな感じでしたが、サンシュユの枝先には、来始めているようです。

(撮影:2012.2.25 甲府市増坪町・市立甲府病院のお庭にて)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

泥の卵? スズバチの巣らしい・・・ [蝶などの虫のなかま]

120225suzubachi01.jpg
 前回取り上げた紅梅が見られたお庭で、白梅はまだつぼみが堅い・・・。
その白梅の小枝に何やら泥のかたまりが目にとまりました。
大きさは、キチンと測ったわけではないですが、3~4cm程度。

120225suzubachi02.jpg
 泥を固めて卵のように、とても上手な造りをしています。
いったいこれは何?

120225suzubachi03.jpg
 あれこれと調べてみてわかったことは、スズバチの巣だということです。
というか、スズバチの赤ちゃんのための揺りかごみたいなもののようです。
このなかに、スズバチの赤ちゃんがいて、親鉢が、餌として蛾の幼虫を
仮死状態にしてあらかじめ詰めておき、赤ちゃんはそれをいただきながら成長し、
やがてこの巣の中からでてくる・・・らしいのです(まだそれを見たことはありません)。

 スズバチとは、こうした鈴のような巣を作ることから名付けられたそうです。

(撮影:2012.2.25 甲府市増坪町・市立甲府病院のお庭で)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

病院のお庭に咲く紅梅 [草や木そして花]

120225kobai01.jpg
 今日は、終日曇り空で、時折雨がぱらつく天気でしたので、
どうしても色は鮮やかさに欠けるのですが、
それでも春の訪れを感じさせるに十分な紅梅の花を見ました。

120225kobai03.jpg
 同じお庭に白梅も植栽されていますが、そちらはまだ開花までに時間がかかりそう。
ここでも紅梅が一足先に咲き出したのでした。

120225kobai04.jpg
 曇り空をバックに、花のクローズアップです。

120225kobai02.jpg
 木の根元にこうしたネームプレートが付けられていました。

(撮影:2012.2.25 甲府市増坪町・市立甲府病院の庭園にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケラマツツジ [都市部の自然]

120215keramatsutsuji01.jpg
 甲府市丸の内2丁目にて見かけた、ちょっと驚きの自然です。

120215keramatsutsuji02.jpg
 大きく育ったツツジの仲間。花の時期はさぞかし見事なんでしょうね。

120215keramatsutsuji03.jpg
 木の根元に説明がありまして、「ケラマツツジ」なんだそうです。
そういえば、ケラマは「慶良間」で、沖縄の方の島の名前では・・・。
そんなあったかなところにルーツを持つツツジが、冬はとても寒い甲府に育つなんて・・・。

(撮影:2012.2.11 甲府市丸の内2丁目にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

剪定(整枝?)されたケヤキ並木 [都市部の自然]

120215keyaki01.jpg
 甲府市の中心部、駅前から南にのびる幹線道路。ケヤキの並木になっています。
その枝が、このほど整えられていました。

(撮影:2012.2.15 甲府市丸の内1丁目にて)


120126keyaki01.jpg
 ちなみにこちらは、ほぼ同じ状況で1月26日に撮影したもの。
同日の記事(http://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/2012-01-26)に使用した写真の再掲です。
あらてめて比べてみて、違いがわかりますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

丸の内公園のイチョウ [草や木そして花]

120215icho01.jpg
 甲府市丸の内2丁目の公園に見られるイチョウの木です。
落葉した冬の木の姿、なかなかこれもりっぱです。

120215icho03.jpg
 根元の幹肌を観察です。

120215icho04.jpg
 根元から見上げてみました。

120215icho02.jpg
 途中の枝が混み合っているところに、数羽のスズメが憩っていました。

120215icho05.jpg
 それから、一番下の大きな枝の脇の部分に、乳の垂れ始めたのが観察されました。
それだけ年を経てきたイチョウの木です。

(撮影:2012.2.15 甲府市丸の内2丁目・丸の内公園にて)
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カヤの木 [草や木そして花]

120211kaya01.jpg
 ピカピカのチクチク、カヤの木の葉です。

120211kaya03.jpg
 カヤの木は、幹が直立し、幹肌は青灰色。

120211kaya02.jpg
 カヤは常緑の高木。

120211kaya04.jpg
 カヤは大きな木になって、実を付けます。
カヤの実は、食用になります。
特に山梨では、カヤの実を飴の中に練り込み板状にしたカヤ飴が、郷土の食として知られています。

 そういえば・・・2月の14日は(もう少し詳しくいうと13日の午後からこの日の昼まで)
甲府の塩沢寺の厄地蔵祭典が行われますが、そこではこのカヤ飴は無くてはならないものとなっています。

(撮影:2012.2.11 北杜市明野町・三島神社境内にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神社の前で咲いてたオオイヌノフグリ [季節の話題]

120211ooinunohuguri01.jpg
 標高525mほどの北杜市須玉町東向、この東向という地区は富士川上流の塩川に沿い、
細長く続く地域で、最上流部は標高650m近くになりますが、
その東向地区のいちばん下手の方に、三島神社が祀られています。
その神社の前の日溜まりに、オオイヌノフグリが咲いていました。
寒いながら、そして雪もちらつきそうなこの数日、でも春は確かに近づいているようです。

(撮影:2012.2.11 北杜市須玉町東向にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パッション・レッド(?!) [とくに種や実など]

120211tougarashi01.jpg
 情熱的な赤、いったい何だと思いますか。

120211tougarashi02.jpg
 菜園に見られたトウガラシです。
真っ赤に熟しているようですが、収穫はまだ。
トウガラシの寒ざらしというのがあるそうですが、
そんな効果を期待してのことなのでしょうか。

(撮影:2012.2.11 北杜市明野町上神取にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北杜市でもウメ一輪・・・ [季節の話題]

120211hakubai01.jpg
 北杜市明野町浅尾で見た白梅一輪です。
当地は標高650m近く、かなり高冷の地です。
しかし南向きに傾斜を持ち、日照も長時間得られるところなので、
条件がよいところでは、ウメのほころびが見られるということですが、
少々ビックリもしました。

(撮影:2012.2.11 北杜市明野町浅尾にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フヨウの実 [とくに種や実など]

120204fuyou01.jpg
 フヨウの実です。
この状態で花の頃を偲ぶのは、すこしばかり難しいですが、
夏の陽を受け大きな花を咲かせていた結果と見たものでした。

120204fuyou02.jpg
 実は割れて、中から毛が多い種子が飛び出していくところです。

(撮影:2012.2.4 南部町内船にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

きさらぎのスイセン [草や木そして花]

120204suisen01.jpg
 前回の「ウメ一輪・・・」と同様に、春を呼ぶものとなりました。
早春の光をうけて、夢見るように咲くスイセン。
寒いけど、暖かい・・・。

(撮影:2012.2.4 南部町内船にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウメ一輪・・・ [季節の話題]

120204hakubai01.jpg
 里山と茶畑の境界に、1本の梅の木がありまして、
チラホラとほころんだ白梅が見られました。

120204hakubai02.jpg
 ウメの花の一輪ごとに春が近づいているという有名な句がありますが
まさにそのとおり・・・。
まだまだ寒いですが、目を見開き、耳を澄ませば、
こんなふうな春が見つかりますね。

(撮影:2012.2.4 南部町内船にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

斑入りヤブランの実 [とくに種や実など]

120204huiriyaburan01.jpg
 内船浅間神社の境内で見たフイリヤブランに、黒い実が・・・。
厳冬期の陽射しを受けて黒く輝いていました。

(撮影:2012.2.4 南部町内船にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モミの木 [草や木そして花]

120204momi01.jpg
 モミの木を見ました。
モミの木だといえるのは、少し自信がないですが、この葉の先が割れていること。

120204momi02.jpg
 見上げました。
まだ若い木のようですが、立派な木です。

120204momi03.jpg
 モミの木、こんな木です。忘れないように、覚えておけるかな。

(撮影:2012.2.4 南部町内船にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

内船駅前のカンヒザクラ [草や木そして花]

120204kanhizakura01.jpg
 JR身延線の内船駅の駅前の一角に、1本のカンヒザクラがあり、
毎年、この時期、いち早く花を咲かせるので話題になっています。

120204kanhizakura04.jpg
 今年も、10日くらい前でしたでしょうか、ローカルニュースで話題になっていました。
花は、いま咲いているのは、数が少なく、咲いている花の多くは、凍害による痛みが見られました。
また、少し前に咲いたのは、すでに散ってしまっているようでした。

120204kanhizakura02.jpg
 木、全体では、まだつぼみが多く、これからもう一花咲かせてくれるのではと期待されます。

120204kanhizakura03.jpg
 とても気の早いヒカンザクラですが、枝によって、こんなふうに葉を伸ばしている
さらに気の早いところも見られました。

(撮影:2012.2.4 南部町内船にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凍り付く立春 [季節の話題]

120204takidogawa01.jpg
 今日、2月4日は立春でありました。
午前10時をまわった段階でも、川の流れの多くに氷が見られました。
甲府盆地の周囲を画す山並み(とくに大菩薩嶺付近)も白いです。

120204takidogawa02.jpg
 前の写真は富士川=笛吹川の支流の滝戸川を上流方向に見たもので、
こちらの写真は、下流方向に見たものです。
上流方向も下流方向もしばらくは氷の世界でした。

(撮影:2012.2.4 甲府市下曽根町にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鬼は外・・・イラガの繭 [蝶などの虫のなかま]

120128iraga01.jpg
 ふくは~うち、おには~そとっ!
今日は節分、窓を開けて元気よく豆まき・・・の日でありました。

 鬼といえば先日、河川敷のハリエンジュの林で、例のデビルを撮ろうと思って
疎らな茂みの中に入ってみたところ、このイラガの繭の方に気をとられてしまいました。
あるwebサイトの記述に「イラガの繭は普通カキ,ナシ,ウメ,リンゴの木で見かけます」
とあるのを見つけました。
これは、カキなどの葉をイラガが食草としているかららしいです。
だから、ハリエンジュってありかな、っと気になり、デビルのことはすっかり忘れてしまった次第。

 ところで、イラガって、幼虫の時の見かけや刺されたときの感覚から、「あお(緑)鬼」
と思われるのです。
そのイラガが成り上がって、繭を作るのですが、成虫になって外に飛び出し、
命の再生産を始める・・・・。
このイラガの繭は、そうしたイラガの生態を物語るものですが、穴が開いていて
何というか、だから・・・鬼は外じゃないかと・・・・(こじつけちっくでした)。

(撮影:2012.1.28 山梨市万力・笛吹川河川敷にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近ければいいというものでは・・・カワラヒワ [鳥やけもの]

120128kawarahiwa01.jpg
 カワラヒワが見られました。
ちょっと遠いなぁ・・・。

120128kawarahiwa02.jpg
 今度は近くで見ることができました。
でもなぁ~。

(撮影:2012.1.28 山梨市万力・万力公園にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スズメよりも身近に・・・セグロセキレイ [鳥やけもの]

120128segurosekirei01.jpg
 川に沿って伸びる堤防上の道路の脇にいたセグロセキレイです。

120128segurosekirei02.jpg
 スズメより・・・というのは大げさかも知れませんが、
ともかく、愛嬌があって親しみを感じてしまいます。

(撮影:2012.1.28 山梨市万力にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感