So-net無料ブログ作成

さえずるホオジロ [鳥やけもの]

130525hoojiro01.jpg
 ホオジロが、一羽、目の前のヒノキの木の梢にとまり、高くさえずりをはじめました。

130525hoojiro02.jpg
 山間地で富士山の姿がきれいに見られる場所として知られている場所でのこと。
急傾斜地に設けられた展望台の真ん前ですから、ヒノキの梢といっても、
ほぼ目の高さほどでありましたので、観察するにはよい状況でした。

130525hoojiro03.jpg
 向きを変えながらも、かなり長い時間、さえずり続けていました。
今年も、そうした季節になったなぁと思いながら、しばらくさえずりを見続けました。

(撮影:2013.5.25 富士川町高下にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チゴユリの葉にとまったカワトンボ [蝶などの虫のなかま]

130518kawatombo01.jpg
 前回の記事で見たチゴユリが群生する環境で、カワトンボが見られました。

130518kawatombo02.jpg
 昆虫の中には、どうしてこんなにきれいな色をしているのだろう、
と思いたくなるものが、しばしば見られますが、
不思議に輝く色をしています。

(撮影:2013.5.21 甲州市塩山上萩原・神部神社境内にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チゴユリの花 [草や木そして花]

130518chigoyuri01.jpg
 とある神社の社叢の中の暗い参道脇に、チゴユリの花を見ました。

130518chigoyuri02.jpg
 もう花の盛りを過ぎてしまったのか、一輪だけでした。

(撮影:2013.5.21 甲州市塩山上萩原・神部神社境内にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナツグミの花 [草や木そして花]

130429natsugumi02.jpg
 ナツグミの花が咲いていました。

130429natsugumi01.jpg
 花びらが4枚? いえ、花びらに見えるのは、顎片なんだそうです。

(撮影:2013.4.29 富士川町平林にて)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サクラスミレの花 [草や木そして花]

130428sakurasumire01.jpg
 サクラスミレの花を見ました。

130428sakurasumire02.jpg
 サクラスミレの花の特徴について、 手元のスミレの図鑑
『増補改訂 日本のスミレ』によって少し調べて見ました。

 1) 花が大きく美しいので、スミレの女王の異称がある。
 2) 花よりも、直立する葉が伸びていて、葉が花より伸びている感がある。
 3) 花は直径2.5cm前後で、上弁が大きく、側弁の基部には毛が密生する。

などでありました。

 スミレの種類は、非常に多くどれもみな似た感じなので、
なかなか見分けが難しいのですが、今回のサクラスミレは何とか認識できました。

130428sakurasumire03.jpg
 花の説明の3)はこうしたものを表しています。

(撮影:2013年4月28 富士河口湖町河口にて)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマルリソウの花 [草や木そして花]

130429yamarurisou01.jpg
 ムラサキ科ルリソウ属の多年草であるヤマルリソウの花が見られました。

130429yamarurisou02.jpg
 ヤマルリソウは、適度に湿気のある登山道脇などに見られ、
4月から5月にかけ、淡い紫ないしは紅色の直径1cmほどの花を咲かせます。

130429yamarurisou03.jpg
 今回がはじめての出会いだったのですが、とてもかわいらしくて
いっぱい撮影してしまいました。でも多くは手ブレてしまいました。

130429yamarurisou04.jpg
 5花弁をきれいに開かせた花の隣に、開きかけの花が見られました。
のぞき込んだその中も、花だなぁと感じさせるものがありました。

(撮影:2013.4.29 富士川町平林・氷室神社境内にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チュウサギの舞 [鳥やけもの]

130505chusagi05.jpg
 田植えの終わったばかりの水田で、サギの仲間がザリガニを補食した瞬間です。

130505chusagi01.jpg
 ザリガニは、すぐに呑み込まれてしまい、サギの仲間は、
次の獲物の獲得に動き出していました。

130505chusagi02.jpg
 夢中で獲物を探しているのをいいことに、そっと近づいてみました。
うーん、ダイサギかと思ったけど、どうもチュウサギかも。

130505chusagi03.jpg
 チュウサギは、フワッと飛んで、少し場所を移動しました。
それが、チュウサギが舞を舞ったように思われたのでした。 

130505chusagi04.jpg
 こうしてみると、やはりチュウサギですね。

(撮影:2013.5.5 南アルプス市曲輪田にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こどもの日に・・・テントウムシのこども [蝶などの虫のなかま]

130501tentoumushi01.jpg
 テントウムシ、とくにナナホシテントウというか、ナミテントウですね。
しかも、大人の・・・。
大人がいるということは、子どももいるわけでして、どんなだか、ご存知ですか?

テントウムシの子どもについては、続きから


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みどりの日に(3) [季節の話題]

130428karamatsu01.jpg
 カラマツの新緑です。

130428karamatsu02.jpg
 「みどりの日」ももうすぐ終わりになりますが、
この列島の緑は、これからですね。
緑だけでなく、さまざまな自然の表情を、これからも追いかけていきます。

(撮影:2013.4.28 富士河口湖町河口・母の白滝周辺で)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みどりの日に(2) [季節の話題]

130429yamawarau01.jpg
 春の野山で芽吹きの頃のようすを「山笑う」と形容されるようですが、
今年の野山の笑い方は少しヘン・・・。
 ともかく、新緑の候となりました。
山は、一面の緑・・・、ですが、よく見るといろいろな緑がありまして、
それがまた美しく感じられます。
とくに尾根筋の緑は若々しい・・・。

(撮影:2013.4.29 富士川町平林にて)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みどりの日に(1) [季節の話題]

130429batta01.jpg
 緑の、タカネトウウチソウの葉っぱの上で身を潜めている
バッタないしはキリギリスの子ども見ました。
緑の葉の上で、ほとんど緑の体を潜め、来る日を待ちわびているようでした。

(撮影:2013.4.29 富士川町平林にて)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニガイチゴの花 [草や木そして花]

130428nigaichigo01.jpg
 ニガイチゴの花が咲いていました。

130428nigaichigo02.jpg
 前回のモミジイチゴの花に似ていますが、このニガイチゴは、花を上向きにつけます。

(撮影:2013.4.28 富士河口湖町河口・母の白滝付近で)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モミジイチゴの花 [草や木そして花]

130428momijiichigo01.jpg
 モミジイチゴの花の白い花が咲いています。

130428momijiichigo02.jpg
 モミジイチゴの花は、前々回のヤマブキの花に雰囲気は似ていますが、
明確に異なるモミジイチゴの花の咲き方の特徴は、下向きであることです。

130428momijiichigo03.jpg
 この花、けっこう虫に好まれているみたいです。
ハナバチの仲間がやってきていました。ミツバチみたいに足に花粉団子つけていました。

(撮影:2013.4.28 富士河口湖町河口・母の白滝付近で)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キジムシロの花 [草や木そして花]

130428kijimushiro01.jpg
 日当たりのよい林道斜面などでよく見られるキジムシロです。

130428kijimushiro02.jpg
 花の中心部分、5枚の花弁の付き方も
またたくさんのおしべのようすも面白く感じられました。

130428kijimushiro03.jpg
 黄色の花には、虫がよくやってきていました。

(撮影:2013.4.28 富士河口湖町河口にて)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

御坂山地の表裏をヤマブキで [高地・高原の自然]

130428yamabuki01.jpg
 前回と同じようなお話ですが、こちらは富士河口湖町河口にある
母の白滝の近くで見たヤマブキの花です。観察地の標高は約1000m。

130428yamabuki02.jpg
 こちらの方は、笛吹市御坂町藤野木地内の御坂旧道沿いで見た
ヤマブキの花、というよりはつぼみ。付近の標高は同じく約1000m。

 御坂山地の南側の前者と後者との間には、こんなふうな違いも見られました。

(撮影:2013.4.28 富士河口湖町河口および笛吹市御坂町藤野木地内にて)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感