So-net無料ブログ作成

ヤマボウシの花 (こだわり編) [草や木そして花]

140527yamaboushi01.jpg
 ヤマボウシの花をじっくり見ることがありました。
この木はまだ、全体的に白い清楚な花を開かせていました。
というか、こだわっていえば、白いのは花弁ではなく、総苞と呼ばれるものです。

140527yamaboushi02.jpg
 その木、全体をスケッチしました。
ずいぶん条件がよろしいのか、大きく育っていました。

140527yamaboushi08.jpg
 そのうちの1つをねらいました。
4枚の白い総苞の中央に注目していきます。

140527yamaboushi03.jpg
 クローズアップしてみると、小さな花のつぼみが
球状に集まっていることが確認されました。

140527yamaboushi05.jpg
 こちらでは、少しつぼみが咲きほころんでいる状況がありました。
そう、一輪だけ花開いているのです。

140527yamaboushi06.jpg
  別のヤマボウシの木で、観察を続けました。
いくつか咲いて・・・。

140527yamaboushi04.jpg
 やがて一斉に花を咲かせます。まさに花盛り。

140527yamaboushi07.jpg
 花盛りを迎える頃には、白い総苞は、色が変わり、
だいぶ傷んだ感じがしてきます。

 以上、ヤマボウシの花にこだわって観察をしてみました。

(撮影:2014.5.27 笛吹市一宮町・金川の森にて)



こちらにはクロハナムグリも [蝶などの虫のなかま]

140527kurohanamuguri01.jpg
 またまたノイバラに来ていた甲虫類のお話です。

140527kurohanamuguri02.jpg
 今度のは クロハナムグリです。

140527kurohanamuguri03.jpg
 ハナムグリたちは、顔をしべの中につっこんで、いったい何をしているのか
ちょっと不思議に思っていたですが、ネットの情報によると、
花粉を食べているのだそうです。
だからいつもいろんな花に集まっているのですね。

(撮影:2014.5.27 笛吹市一宮町・金川の森にて)

ノイバラに来ていたシロテンハナムグリ [蝶などの虫のなかま]

140527shirotenhanamuguri02.jpg
 しべの辺りを中心に くすんだ感じのノイバラの花でしたが、
一部に前回見たような まだしべが黄色い花が見られました。
そうしたものに、シロテンハナムグリが来ていました。

140527shirotenhanamuguri01.jpg
 シロテンハナムグリは、ノイバラの黄色いしべに
顔を潜らせるようにしていました。
花が大好きな昆虫です。

(撮影:2014.5.27 笛吹市一宮町・金川の森にて)

ノイバラも時期を過ぎ [草や木そして花]

140527noibara01.jpg
 このところ、外歩きの時間が減り、自然の移り変わりの早さに
ついて行けない状況がありますが、ノイバラの花も もうお終いに近く、
チラホラとこうした盛りの花が見られるのみとなりました。

(撮影:2014.5.27 笛吹市一宮町・金川の森にて)

トチノキの花 [草や木そして花]

140527tochinoki01.jpg
 トチノキの花を見ました。
咲き納め・・・、という言葉があるでしょうか。
もうほとんど、トチノキの花の時期は終わりになります。

140527tochinoki03.jpg
 トチノキの花、小さな花が集まって、塔状に咲きます。

140527tochinoki02.jpg
 多くが散り、小さな花が単独でわかる状況も見られました。

(撮影:2014.5.27 笛吹市一宮町・金川の森にて)

ニシキウツギの花咲く [草や木そして花]

140527nishikiutsugi02.jpg
 ニシキウツギの花が咲いていました。
ニシキとは「錦」ではなく、「二色」なのです。
一枝に紅白の花が咲くので、たいへん華やかな雰囲気を漂わせます。

140527nishikiutsugi01.jpg
 それでよく観察しますと、白い花は若々しく、
紅の花の方は時間が経て成熟したようすであります。
ニシキウツギは、紅白の花が咲くというよりは、白い花から
しだいに赤紅色へと、花の色が移り変わっていくのです。

140527nishikiutsugi3.jpg
 小さな滝の傍らに植栽されたニシキウツギは、
しっとりとした感じで花を咲かせていました。

(撮影:2014.5.27 笛吹市一宮町・金川の森公園にて)

バイカウツギの花咲く [草や木そして花]

140527baikautsugi01.jpg
 バイカウツギの花を見ました。

140527baikautsugi02.jpg
 白い清楚な花です。
4花弁の白い花は、ウメの花に似るところから、
「梅花」の名が付いています。

140527baikautsugi03.jpg
 すでに花びらを散らせたものも見られました。
季節の移ろいと咲くバイカウツギの花でありました。

(撮影:2014.5.27 笛吹市一宮町・金川の森公園にて)

バラの季節 [季節の話題]

140522rose01.jpg
 庭に咲くバラです。

140522rose02.jpg
 園芸花木としてのバラは、通年に近く見られますが、
何といってもこの時期が旬。
 あちこちにきれいに咲くバラが見られます。

140522rose03.jpg
 バラの花と一口にいっても、色や形が様々です。
完全な自然とはいいがたいですが、天然の入口として楽しみたいと思います。

(撮影:2014.5.22 甲府市下向山町にて)

雨のち晴 [空や気象・天体など]

140521sky01.jpg

 しばらく雨らしい雨がなく、カラカラな日々が続いていました。
ヤマボウシも白く広げた総苞が小さめで、葉も丸まっているのが見られたりでした。
そして昨晩から今日にかけて、少しまとまった雨がありました。
木々の新緑も一息つきそうです。
 恵みの雨も午後には止み、
夕方には、晴れ間が広がりました。

(撮影:2014.5.21 甲府市下曽根町にて)

アオちゃんの日なたぼっこ [カエルやヘビの仲間]

140511aodaisho01.jpg
 お日様の下で の~んびり。
くつろいでいたアオちゃんを何カットも撮影させていただきました。
なが~いのが苦手な方は、おやめください。
大丈夫な方、好奇心公正な方は、続きをどうぞ。

続きを読む


ヒゲネワチガイソウの花 [高地・高原の自然]

140511higenewachigaisou02.jpg
 白い小さな花は、ヒゲネワチガイソウです。

140511higenewachigaisou01a.jpg
 細長い花弁は、一定でなく、5枚とか6枚もありますが、
この画面の右下に見るもののような7枚のものもあります。
 ヒゲネワチガイソウは、ナデシコ科ワチガイソウ属の多年草で、
花弁が5~7枚であるところがワチガイソウとの違いとされています。

(撮影:2014.5.11 笛吹市芦川町と富士河口湖町大石の境・新道峠にて)

コキンバイの花 [高地・高原の自然]

140511kokinbai01.jpg
 深い山の陰地に見られるバラ科コキンバイ属の多年草の
コキンバイです。

140511kokinbai02.jpg
 このコキンバイの花も、新道峠での観察でありました。

(撮影:2014.5.11 笛吹市芦川町と富士河口湖町大石の境・新道峠にて)

まだつぼみのユキザサ [高地・高原の自然]

140511yukizasa01.jpg
 標高約1600mの新道峠で、ユキザサがつぼみを付けていました。
もうすぐ白い花が見られる時が来ます。
観察場所について細かくいえば、峠の北面、芦川町側の、
もう少しで尾根に達する辺りです。

(撮影:2014.5.11 笛吹市芦川町)

ネコノメソウの仲間 [高地・高原の自然]

140502nekonomesou01.jpg
 5月の初めの方で、富士山の麓、吉田口登山道の路肩で見つけました。
これまで、ずっと名前がわからない状態でおりましたが、
先ほど、ようやくわかりかけました。

140502nekonomesou02.jpg
 ネコノメソウの仲間、すなわちネコノメソウ属の植物だろうというところです。
ネコノメソウ属の植物は、想像以上にたくさんの種があるようですが、
正確にどれだかはわからないのです。
あるいは、ニッコウネコノメかもしれない、そんな状況です。

(撮影:2014.5.2 富士吉田市上吉田・富士山吉田口登山道にて)

フデリンドウの花 [高地・高原の自然]

140511shindohpass01.jpg
 引き続き標高約1600mの新道峠での自然スケッチです。
画面のほぼ中央が峠の鞍部で、右手に富士山が開けるビューポイントとなり、
画面の前後に山歩き用の尾根道が続いています。
 これで見るとおり、まだ地面は冬枯れ色一色ですが、
よく見ると、クサボケやエイザンスミレ、タチツボスミレが咲き、
そして今回のフデリンドウも見られたのです。

140511fuderindo01.jpg
 クマザサの葉や、まだ伸び始めたばかりの草の葉の間に
そっとさいているフデリンドウの花でありました。

140511fuderindo02.jpg
 やさしい薄紫の花。脇に、次のつぼみも付いていました。
花まで入れた草丈は、4~5cmくらいしかありません。
目をこらして尾根道沿いを眺めていて見つけたフデリンドウの花でした。

(撮影:2014.5.11 笛吹市芦川町と富士河口湖町大石の境・新道峠にて)

タチツボスミレの仲間 [高地・高原の自然]

140511tachitsubosumire01.jpg
 そう、タチツボスミレの仲間も見られました。
高標高であるためか、草丈はとても低く、
一方で花色は濃いものでありました。

(撮影:2014.5.11 笛吹市芦川町と富士河口湖町大石との境・新道峠にて)

エイザンスミレの花 [高地・高原の自然]

140511eizansumire01.jpg
 エイザンスミレがいくつか咲いていました。
スミレの種類はたくさんあって、区別がとても難しいのですが、
これは、たぶんそうだろうなと、特徴的ですから。

140511eizansumire02.jpg
 少し赤味のある紫色をした花であります。

140511eizansumire03.jpg
 まだ咲きはじめの花を横から見ています。
花の付け根から後に距(きょ)と呼ばれる部分が、スミレ類ならではです。

140511eizansumire04.jpg
 ともかく、エイザンスミレの特徴は、その葉の形にあります。
葉っぱだけを見ていると、これがスミレですか、と思うほどです。

(撮影:2014.5.11 笛吹市芦川町と富士河口湖町大石との境・新道峠にて)

新道峠で見たクサボケの花 [高地・高原の自然]

140511fuji01.jpg
 朝のうちはきれいに晴れていたようですが、次第に薄雲が出てきて
天気は下り坂かな、と心配になりもしましたけど、ともかく富士のお山が
きれいに見えるそんな新道峠で自然観察をいたしました。
 さすがに標高1600mほどの新道峠周辺では、まだ春がゆっくり
としているように感じられ、草花もそう多くなかったのですが、
注意してみると収穫はいくつかありました。順次ご紹介していきます。

140511boke01.jpg
 やはりこうした際立つ色が最初に目にはいってきました。
クサボケの花です。

(撮影:2014.5.11 笛吹市芦川町と富士河口湖町大石の境・新道峠にて)
 

富士の裾野のスミレ [高地・高原の自然]

140502komiyamasumire01.jpg
 ちっちゃなスミレを見ました。
よく見ると葉の表面に細かな毛が見られます。
これって、スミレの仲間の中の種を判別する手がかりになるのでは・・・。

140502komiyamasumire02.jpg
 距はそう大きくなくて・・・。
あるいは、コミヤマスミレ(小深山菫)かも。
スミレ全般にそうですが、このコミヤマスミレについても自信ないですが・・・。

(撮影:2014.5.2 富士吉田市上吉田・富士山吉田口登山道沿いで)

富士の裾野のカラマツの新緑 [高地・高原の自然]

140502karamatsu01.jpg
 標高の高い富士山の北麓で、カラマツの新緑を見ました。

140502karamatsu02.jpg
 開いたばかりの若葉を見ていくと、それぞれに造形的なおもしろさを感じました。
自然の主の造形力は、とても豊かです。

(撮影:2014.5.02 富士吉田市上吉田・富士山吉田口登山道沿いで)

富士の裾野のフジザクラ [高地・高原の自然]

140502fujizakura01.jpg
 標高1160m前後の富士山の北麓で、この連休中、
フジザクラの花が見られました。

140502fujizakura02.jpg
 新緑のカラマツや赤松などに混じってのフジザクラの花には、
ソメイヨシノのそれのような豪華さは見られませんでした。
しかし、この時期にまだサクラの花が楽しめるというところで
見学者を多く集めているようでした。

140502fujizakura03.jpg
 フジザクラは、マメザクラ系のサクラといわれています。
小ぶりな花で、多くは下向きに咲いて、ややひっそりという感じがします。

(撮影:2014.5.2 富士吉田市上吉田・富士山吉田口登山道沿いにて)

オニグルミの花 [草や木そして花]

140502onigurumi01.jpg
 オニグルミの枝先に新緑が開いていました。

140502onigurumi02.jpg
 新緑の少し下の方に、雄花序のつぼみが見られました。

140502onigurumi03.jpg
 別な枝では、もう雄花が長く生長しています。

(撮影:2014.5.2 笛吹市境川町・金比羅神社の周辺にて)

ウワミズザクラの花 [草や木そして花]

140502uwazumizuzakura01.jpg
 ウワミズザクラの花を見ました。

140502uwazumizuzakura02.jpg
 花穂に密集して咲く花は、ちょっとサクラとは思えませんが、
確かにバラ科サクラ属の落葉高木です。

140502uwazumizuzakura03.jpg
 ちょっと離れて場所に咲いていたので、望遠で少しぼやけてしまっていますが
じっくり見ると、サクラの花であり、雄しべが極端に長いので、
ブラシみたいに見えるのです。

(撮影:2014.5.2 笛吹市境川町・金比羅神社周辺にて)

ホオノキの新緑 [草や木そして花]

140502hoonoki03.jpg
 ホオノキが新緑の頃を迎えていました。
あの小さなつぼみが解けて、あの大きな葉の第一歩です。

140502hoonoki02.jpg
 もっとも大部分のホオノキは、これくらいに新緑していました。

140502hoonoki01.jpg
 そして よく見ると花芽がプックラと膨らんでいました。
この中に、あの白い大きな花がたたみ込まれているのです。

(撮影:2014.5.2 笛吹市境川町・金比羅神社周辺で)

子どものキリギリス? [蝶などの虫のなかま]

140502kirigirisu02.jpg
 前回のチゴユリと同じ場所での観察です。
まだ小さな植物の上に見つけました。

140502kirigirisu03.jpg
 今度は、キリギリスのお子さまみたいです。
夏から秋にかけて活躍する昆虫たちは、その時期に急に
ステージに上がれるわけではないみたいです。
いまのうちから、下積みで人生経験(いや昆虫経験)をしっかりと積んで、
立派な大人になっていくようです。

(撮影:2014.5.2 笛吹市境川町・金比羅神社境内にて)

チゴユリの花 [草や木そして花]

140502chigoyuri01.jpg
 チゴユリの花が咲いていました。

140502chigoyuri02.jpg
 小さな花を下向きに、ひっそりと咲かせていたのです。

140502chigoyuri03.jpg
 笛吹市境川町藤垈の集落の背後にそびえるとんがりお山の頂上に、
金比羅神社が祀まつられていますが、その参道の鳥居の周辺に
ひっそりと咲いているのです。
 周辺はヒノキやスギなどの社叢がうっそうとして、
ひんやりと暗めの環境でありましたが、チゴユリはそんな場所がお好みのようです。

(撮影:2014.5.2 笛吹市境川町・金毘羅神社境内にて)

逃げ足の速いやつ [カエルやヘビの仲間]

140502hebi01.jpg
 そいつは、足もないのに とても逃げ足の速いやつでありました。
双方で、相手方を認識したのはほぼ同時だったと思います。
 でもこちらは、ヤマカガシかな、アオダイショウかな、それともマム・・・
ちょっと慎重になりました。
そんな逡巡の時間もそう長くなかったと思いますが、相手方は逃走を開始したのです。

140502hebi02.jpg
 カメラのレンズをもって、追跡を試みたのですが、敵はなかなかしっぽを捕まえさせません
この後逃げられました。ちょっとこわかったけど、ちょっと残念。

(撮影:2014.5.2 笛吹市境川町・金比羅神社南参道脇にて)

ツクバネウツギの花 [草や木そして花]

140502tsukubaneutsugi01.jpg
 ツクバネウツギの花を見ました。やはり5月の花です。
笛吹市境川町の金毘羅山の林道でのことです。

140502tsukubaneutsugi02.jpg
 前にこの花を取り上げたときにも同じようなことをいっていますが、
図鑑の情報などでは、明るい場所に見られるとのこです。
でも、前回もそうですが、今年の観察でも北向き斜面での観察となり、
暗い環境でありました。

140502tsukubaneutsugi03.jpg
 少し絞りを開けて撮影しました。
うまく写っていませんが、小さな虫がたくさんやって来ているようです。

140502tsukubaneutsugi04.jpg
 そうはいっても、木の間を通して届く太陽光もあり、
北向き斜面でも適度に太陽の届く環境が適地といえるのかもしれません。

(撮影:2014.5.2 笛吹市境川町・金毘羅山林道にて)

ハナイカダはまだつぼみ [草や木そして花]

140429hanaikada01.jpg
 先日、林道を歩きながらのこと、もうそろそろハナイカダの花が見られるのでは
と 目をこらしながら歩いていたら、ありましたが、まだかたい小さなつぼみでありました。
ちなみにこれは雄花ですね。
今年は2月の大雪の影響で少し遅れているみたいです。

(撮影:2014.4.29 甲府市中畑町・滝戸川上流にて)

ウグイスカズラの花 [草や木そして花]

140429uguisukazura01.jpg
 ウグイスカズラの花が見られました。
そう、今日から風薫る5月です。

140429uguisukazura02.jpg
 ウグイスカズラとは、ウグイスがよく鳴く頃に花が見られる
ところから名付けられたそうです。

(撮影:2014.4.29 甲府市中畑町にて)